JR千島(ドドメ色)千島旅客鉄道(JR千島)


昭和62年4月1日、国鉄の分割民営化により、仁子にご七軒丁しちげんちょう丸安浜まるあんはまの各鉄道管理局の管内の路線により発足。

本社:仁子市菅原区表菅原(仁子駅内)

JR千島のコーポレートカラーは「ドドメ色」です。

路線紹介(幹線)

第一本線 七軒丁〜仁子〜下原〜柳下
千島県内で最も重要な位置を結ぶ路線。
但し、運行系統は仁子以南と以北で完全に分かれる。

【仁子〜七軒丁】
県都・仁子市と県内第2の都市・七軒丁を結ぶ最も重要な路線。
特急「火の玉」と、それを補完する形で急行「ほうせんか」が走る。
普通列車については、全線を結ぶものの他に、七軒丁近郊の
都市輸送(七軒丁〜東栃倉・久内)、岡村近郊(百目木〜岡村
〜角川・平戸)、仁子近郊(仁子〜橋岡)といった都市圏輸送を
受け持つ。
車両基地:七軒丁客貨車区[七シケ]、七軒丁機関区[七]、
香呂淵気動車区[七カロ]、岡村機関区[七オム]・同平戸支区
[七ヘト]、仁子機関区[仁ニコ]
車両工場:汐路工場(仁子機関区に併設)

【仁子〜下原】
仁子以北は、仁子駅ではなく都田町駅がターミナル。
県内第三の都市にして、海底油田を持つ下原市との都市間輸送
と、石油輸送の貨物輸送の使命を持つ。
仁子口では、陸後八潮までの都市圏輸送(鶴井線との直通)、
内ノ口温泉の観光客輸送、競艇開催日は八潮までの輸送がある。
優等列車は、都田町〜新下原間にガスタービン特急「神風」、これ
を補完する形で急行「もりない」、河沼本線直通の昼行「サライ」、
夜行「志発」がある。
また、下原口は、市街地の最南端にある下原駅は貨物駅の性格が
強く、旅客輸送のターミナルは新下原駅となっている。
この先が第一本線の終端の柳下駅で、北に河沼本線、西に下原
本線を分岐する。
車両基地:越路客車区[仁コシ]、下原機関区[仁モラ]

第二本線 香呂淵〜木南〜浦野〜下頃辺〜丸安浜〜今泊
千島県内はもとより、日本国内最長の路線。
元々沿線人口が少なく、競合する路線も多いので経営は苦しい。

【香呂淵〜木南】
山脈を越え、県南部を東西に結ぶ。
香呂淵〜栃倉間は七軒丁口の都市間輸送、西一志〜木南間は
木南口の輸送となる。
車両基地:木南機関区[七モナ]

【木南〜福崎〜浦野】
県南部西岸のメインラインとなる。
主な都市は、上記木南・福崎・浦野の各都市で、ディーゼルカーが
数本走っている。
車両基地:福崎機関区[七フキ]、浦野機関区[仁ウノ]

【浦野〜宿田〜八木山〜下頃辺】
千島県内で一番何も無い地域。
「乗って残そう第二本線」とまで言われる路線
車両基地:浦野機関区船沢支区[仁フサ]、八木山機関区宿田支区[安シタ]、
八木山機関区[安ヤキ]

【下頃辺〜丸安浜〜今泊】
県北のメインライン。第二本線で最も「本線」らしい区間。
下頃辺以南は第三本線で仁子を目指す形になる。
丸安浜方面からは、仁子方面に昼行特急「流氷」、急行「かやべ」、
夜行「エトロフ」「かやべ」があり、七軒丁方面には日本最長急行
「くなしり」がある。
丸安浜を中心とする準急上がりの急行として「くでがわ」(八木山行)、
「仙州」(仙州田所行)、「アト゚イ」(今泊行)がある。
車両基地:下頃辺機関区[安シモ]、丸安浜客貨車区[安マハ]、今泊機関区[安トマ]

第三本線 仁子〜仙州大野〜下頃辺
仁子と仙州・県北を結ぶメインライン。
優等列車は全て仁子発で、特急は「流氷」(丸安浜行)、急行は
「かやべ」(仙州大野・丸安浜行き=昼行・夜行共)、「エトロフ」
(今泊行・夜行)、準急上がりの急行として「竜神」(本庄内行)がある。
都市間輸送としては、仁子口は第一本線・浦野線の直通として陸後
二見〜橋岡・向中野間を結んでいる。
また、南仙州炭田の石炭輸送の重責も担っている。
車両基地:松川町客車区[仁マカ]、古丹岸機関区[仁コケ]、仙州田所機関区[安タト]
、仙州大野機関区[安セオ]
浦野線 番屋〜向中野〜浦野
仁子と浦野を結ぶ路線。仁子口の都市圏輸送と、仁子から西岸(木南
・福崎・宿田・八木山)方面の急行列車の輸送の需要がある。
地下鉄開業以来、向中野方面からは、大本町や痔庭のオフィス街へと
直通できる地下鉄との乗換駅・京南台から流れることが多い。
夏井線 越路〜清橋〜陸後夏井〜濃海
ここもまた、第一本線下原方面同様、都田町駅をターミナルとする。
仁子口の都市圏輸送は、直流電化した鶴井線と直通で、荻戸までを
結ぶ。
快速列車の増発で、清橋までが仁子の通勤圏となっている。
また、塩害対策のため、車両は全てステンレスカーのキハ21となっ
ている。
車両基地:清橋機関区[仁キヨ]、陸後夏井機関区[仁リナ]
鶴井線 都田町〜鶴井〜向中野
京南電気軌道を戦時買収した「買収国電」。JR千島唯一の直流電化
区間。
平成になるまで「社型」が走っていた。
終点の向中野駅は浦野線の向中野駅とは独立しているため、乗り換え
のためには、一旦改札を出なければならない。
車両基地:東泉水電車区[仁ヒセ]

路線紹介(地方交通線)

熱郡あたごおり 陸後河野〜熱郡
日笠湾の西側のローカル線。
長尾・南山田といった西日笠の各市と七軒丁を結ぶ
需要のほか、頃巻沢の石灰石鉱山から南山田の
セメント工場までの貨物輸送の役割もある。
秋山線 七軒丁〜日笠秋山
七軒丁と日笠湾の東側を結ぶ路線。
内ノ口線 陸後二見〜陸後内ノ口〜清橋
武蔵野線のように、仁子の外周を結ぶローカル線。
陸後二見の「グラム食品」、新島松の「大日本堆肥」
など、産業路線の顔も持つ。
大平おおだい 加能別〜伊都大平〜下原
伊都管内北部・森内管内南部の貴重な足。
下原本線 柳下〜陸後太田
地味ながら、下原と南仙州炭田を結ぶ中北のメイン
ライン。
河沼本線 柳下〜念原とうばら
下原と河沼管内各市町を結ぶ。
かつての河沼軽便鉄道。
本庄内線 小田野こだの本庄内もとしょうない国分台こくぶんだい
第三本線から分岐して、「日本の撫順」本庄内の露天掘地帯を結ぶ
炭鉱路線。始点の小田野は単なる分岐駅で、旅客列車は特急や
急行の停車する古丹岸こたんけしまで直通する。
寺前線 丸安浜〜羽仁〜上山三条
県北の過疎地帯を結ぶ。沿線に寺前温泉があるが、対丸安浜・
対仁子共にバスに食われがち