千島県内の大学


本部:仁子市昭和区宮古河原。
法文・経済・教育・理・工・農・水産・商船・医の9学部と教養部で構成される。

レベル的には「上位駅弁」で広島大・金沢大レベル。(旧制大学を持っているので)

旧学制による統合前の各学校と現在の学部の対応は次の通り

現在 旧学制 キャンパス所在地
法文学部 (陸大発足後新設) 宮古河原キャンパス
経済学部 仁子高商 宮古河原キャンパス
教育学部 仁子師範 宮古河原キャンパス
理学部 (陸大発足後新設) 宮古河原キャンパス
工学部 七軒丁工大
(七軒丁高工から昇格)
七軒丁松苗キャンパス
農学部 仁子高農
(陸後拓殖学校)
秋之松キャンパス
水産学部 仁子高等水産 砂込キャンパス
商船学部 仁子高等商船 鳥越キャンパス
医学部 仁子医専 岩田町キャンパス
教養部 七軒丁高校 七軒丁泉台キャンパス

本部キャンパス(仁子)と教養部(七軒丁)が300km以上離れていることで知られる。

看板学部は旧制七軒丁工大からの伝統を持つ工学部で、現在でも官庁や化学関係の就職に強い。

ページのトップに戻る


本部:仁子市吾妻区金平

かつての仁子高等師範学校。

仁子師範が戦後、陸大に統合されたのに対し、高師はこれを拒否。
「陸後学芸大」として再出発した。
現在の校名となったのは昭和41年。

附属学校一覧
附属高校 仁子市都田区桜沢
附属水戸橋小・中学校 仁子市痔庭区西浜
附属越路小・中学校 仁子市湊区越路
附属痔庭幼稚園 仁子市痔庭区甘露園
附属吾妻幼稚園 仁子市吾妻区金平

ページのトップに戻る


本部:仁子市中筒井区