明治31年 陸後リクゴ総督府尋常中學校設立
明治36年 陸後練金學校設立。陸後総督府初の高等教育機関。
明治39年 練金學校に補充科設立。これは2年連続して合格者が定員に満たないという事態を受けてのもの(単に受験生がバ@だったという話もある)。対象は高等小學校卒とし、補充科卒には練金學校の受験資格が与えられた。
大正3年 練金學校に工学科を設置、名を陸後高等工業學校と改める。このころより陸後高等學校設置の要求が陸後総督府より出される。
大正7年 練金學校、陸後工科大学に昇格。当初北海道帝国大学陸後分校とする予定であったが、あまりにも遠すぎるため単独昇格となったもの・・・とされているが、実際には陸後高校をつくっても定員割れが明らかなので、代替案として昇格させたらしい。高工補充科廃止、七軒丁工業學校に移行。
大正8年 総督府長谷静香一等文官、ナンバースクールにすれば受験者数が増えるかもしれないと言い始め、第九高等學校として設置を要求。
大正9年 アホ松の本・山から第九高等學校の名称反対運動が起き、第九高等學校の案は消滅(@江はまだできていない)。
大正10年 折衷案として七軒丁高等學校とすれば略して七高、ナンバーになると亀井健太郎高等文官が考える。造士館、猛抗議をするも、陸軍(長州閥)が山口高商の恨みを持ち出して強行に設置を要求、七軒丁高等學校で名が決定。これには対露政策もからんでいたらしい。
大正11年 七軒丁高等學校設立。共通試験とは別に試験が行われたため、第三の選択として注目される。当然ながら滑り止め扱い。
大正13年 七軒丁シチゲンチョウ高校コウコウに「天地無情」で有名な井戸森吉(晩翠弟子)が赴任し、人気がで始める。
大正14年 陸軍の意向により七軒丁シチゲンチョウ高校コウコウに文丁・戊が設置。七高・工大コウダイ予科対抗戦が開始。七軒丁市民を巻き込んだ盛り上がりを見せる。
昭和3年 入試が単独選抜に。難易度は高くないが第一志望の度合いが高い高校として認識される。文丁・戊に、陸軍大学研究生への進学が認められる。
  仁子市がだだをこね、組合立で仁子高等學校を設置。仁子一中の地位失墜。
昭和4年 仁高が、通称を「にこう」と言い始め、二高から総すかんをうける。
  七軒丁高、インターハイで「ただ狂へ」を絶唱。これにより造士館と和解。以後新七・旧七、北七・南七と称される。
昭和5年 どういう理由か八高と定期戦を開始。「新七八」で縁起がいいとは博打打ちの言葉(478でカブ)。 
昭和6年 このころより文・丁戊が赤の巣窟になりはじめる。
昭和10年 七高にトロツキーを講師として呼ぶ計画がでるが、建国大學に計画を奪われる。
昭和14年 文乙に黒卍党結成。
昭和15年 黒の文乙・赤の丁戊といわれるようになる。陸軍のもくろみ、完全に失敗。
昭和16年 仁一中・七高出身の文官が、仁高関係者を左遷するという猟官人事を行い、問題になる。
昭和17年 陸後総督急死。仁高OBが異例の昇進で総督になり、七高関係者を左遷するさわぎに。
  七軒丁シチゲンチョウコウ、対八高戦で、負けた腹いせに八高生をウラジヴォストーク送りにする。これにより新七八定期戦中止。
  「桃川事件」発生。(シチコウセイによる愚連隊グレンタイ大量タイリョウ毒殺ドクサツ事件ジケン
昭和18年 史上唯一の七高・仁高の対抗戦が行われる。(参考サンコウ文献ブンケン:『学徒ガクト出陣シュツジン 一度イチドきりのシチコウジンコウセン』(陸後リクゴ日報ニッポウ出版シュッパン))
昭和19年 医学専門學校設置
昭和20年 医学専門學校、艦砲カンポウ射撃シャゲキにより消失、廃学。
昭和21年 仁高尋常科最後の募集。
昭和22年 医専の生徒を収容するため、仁子第二高等學校設置。通称「ニゴニゴ」(参考サンコウ文献ブンケン:『ああ まぼろしの仁子ニゴ2コウ』(イヌ・パブリッシングシャ))
昭和23年 陸後大・千島県大募集開始。
  千島県、財政難により今年限りで仁子二高を廃止、仁子高校コウコウ泉水センスイ分校ブンコウにすることに決定。
昭和24年 3月 仁高24年修了組、無条件で県大進学が発表され、七軒丁高生、市民激怒。
  4月 七軒丁高敷地に陸後大第一教養部、工科大予科敷地に第二教養部設置。
  陸後大、第一教養部については25年限り、工学部・第二教養部については26年限りでの移転を発表。
  5月 七高中退し、県大に行った学生が「裏切り者」と斬りつけられる事件が起きる。
  9月 移転に反対する七軒丁市民(特攻崩れ)が、なぜか一機残っていた赤トンボで総督府本館に突入、自爆。建物の一部が妙に色が違うのはこのため。
  10月 第一第二教養部学生寮が放火により焼失。狂信的七軒丁市民の犯行と判明。
  12月 陸後大、教養部・工学部移転中止を発表。
昭和25年 七高最後の卒業式。七高同窓会白水会、市内で大ストームをやらかし、便乗した七軒丁市民ともども大騒ぎになる。トロバス5台炎上。
  陸後大教養部、七高24修を1組に集中させる。以後教養部1組は七高の後継者と目される。
昭和ショウワ26ネン 県知事、共学化で揺れていた新制シンセイ七軒丁高校を男子高のまま残すことを決定。公式発表は「なも、柏蔭(旧制七軒丁高女)ど一緒だぇば入る人数ァ同じだべがシて」とのことだったが、実際には予算がなかっただけだとも言われる。これにより、両校の24・25年入学者は特別に転校措置が行われる。
昭和ショウワ28ネン 新制シンセイ七軒丁高校、七高の伝統(悪癖ともいう)を次々に復活させる。
  七軒丁脳病院で白水会・野田会の親睦会が開かれる。七高OBからは「極めて親しい他人」という認識がされる。
昭和ショウワ29ネン 陸後リクゴダイ教養部白水寮・工学部練金寮の対抗戦開始。