2010/10/28 (木)


広島3大プロふれあい活動 「P3がやってくる」

【 事業名 】 広島3大プロふれあい活動~P3がやってくる~
【 主 催  】 P3 HIROSHIMA (広島交響楽団、サンフレッチェ広島、広島東洋カープ)
【 実施日 】 2010年10月25日(月) 
【 会 場  】 広島市立飯室小学校
【 参加メンバー 】 <広島交響楽団>    後藤絢子  岡本弥生  小澤公裕  岩橋綾

<サンフレッチェ広島> 西川周作  横竹翔  山岸智

<広島東洋カープ>   上野弘文  梅津智弘  林昌樹  井生崇光

10/25(月)広島3大プロのふれあい活動として、広島交響楽団の団員、サンフレッチェ広島、広島東洋カープの選手達が飯室小学校を訪れ、授業を行いました。選手達の登場にこども達は大喜び!
お昼の給食も、団員、選手が各教室でこども達と一緒にいただきました。
選手達も自分達のこどもの頃を思い出し、楽しい一日となったようです。

P3-01.jpg P3-02.jpg P3-03.jpg P3-04.jpg

「インターコンチネンタルカップ日本代表」準決勝リーグ進出!

中華台北で行われています「第17回IBAFインターコンチネンタルカップ」に出場の日本代表メンバーが予選リーグを2位で通過し、準決勝リーグに進出することが決まりました。

広島東洋カープからは、會澤翼捕手、小窪哲也内野手、岩本貴裕外野手が出場しています。

2010年 プロ野球ドラフト会議 速報!

広島東洋カープが交渉権を獲得した選手をお知らせします。

1巡目 福井(ふくい) 優也(ゆうや) 投手 (早稲田大学)

生年月日 1988年2月8日(22歳)

投打 右投げ ・ 右打ち

身長・体重 178cm ・ 78kg

2巡目 中村(なかむら) 恭平(きょうへい) 投手 (富士大学)

生年月日 1989年3月22日(21歳)

投打 左投げ ・ 左打ち

身長・体重 186cm ・ 74kg

3巡目 岩見(いわみ) 優輝(ゆうき) 投手 (大阪ガス株式会社)

生年月日 1987年1月25日(23歳)

投打 左投げ ・ 左打ち

身長・体重 177cm ・ 77kg

4巡目 金丸(かねまる) 将也(まさや) 投手 (株式会社東海理化)

生年月日 1987年3月19日(23歳)

投打 左投げ ・ 左打ち

身長・体重 187cm ・ 87kg

5巡目 磯村(いそむら) 嘉孝(よしたか) 捕手 (中京大学附属中京高等学校)

生年月日 1992年11月1日(17歳)

投打 右投げ ・ 右打ち

身長・体重 178cm ・ 82kg

6巡目 中崎(なかざき) 翔太(しょうた) 投手 (日南学園高等学校)

生年月日 1992年8月10日(18歳)

投打 右投げ ・ 右打ち

身長・体重 186cm ・ 90kg

7巡目 弦本(つるもと) 悠希(ゆうき) 投手 (徳島インディゴソックス)

生年月日 1989年6月16日(21歳)

投打 右投げ ・ 右打ち

身長・体重 176cm ・ 76kg

育成1位 山野(やまの) 恭介(きょうすけ) 投手 (明豊高等学校)

生年月日 1992年5月6日(18歳)

投打 右投げ ・ 右打ち

身長・体重 180cm ・ 82kg

育成2位 池ノ内(いけのうち) 亮介(りょうすけ) 投手 (中京学院大学)

生年月日 1988年11月22日(21歳)

投打 右投げ ・ 右打ち

身長・体重 175cm ・ 75kg

CarpOfficial

2011/1/17 (月)


東出はつらつ、若手をけん引 沖縄合同自主トレ '11/1/17

 沖縄合同自主トレは宿舎から球場へのランニングで始まる。参加選手は7人。その中心に東出がいる。「順調です。例年と何も変わらない」。若手と一緒に送球や打撃練習に励む姿は、昨夏に右肘を手術した影響を感じさせない。

 ▽手術の肘「大丈夫」

 16日は青空がのぞいたかと思えば雨が降り、時に冷たい風も吹いた。「広島でも、もう痛みはなかった。寒くても大丈夫」。はつらつとした動きで、開幕にきっちりと狙いを定める。

 練習メニューの大枠は東出が考える。この日はウオーミングアップに縄跳びを取り入れ、足腰を鍛えた。プロ13年目を迎える30歳は、トレーニング強度のさじ加減を熟知し、20代前半の岩本や前田健たちを引っ張る。

 昨季は8月に「どうにもならないほど」の痛みが右肘を襲い、遊離軟骨を摘出。「暖かい秋のうちにリハビリを始め、鍛えられたのがよかった」。無念のシーズン途中リタイアが今季の好スタートへつながりそうだ。

 昨年末の契約更改後、会見の席で控えめに言った。「元気な姿でグラウンドに立てればいい」。キャンプインまで約2週間を残す沖縄市野球場。春を待たず、すでにその目標はクリアしている。(山本修)

ChuGoku

2011/1/1 (土)


広島・野村監督、20年ぶり優勝へ…投手陣立て直す

 昨季は球団史上ワースト3位タイのチーム防御率4・80を記録した赤ヘル軍団。投手陣の立て直しに向け、今オフは豊田、菊地原のベテラン勢、ドラフトでも即戦力左腕の中村、岩見、金丸とリリーフ候補を積極的に補強。

 野村監督は「永川勝、横山、シュルツ、新外国人のサルファテ。誰が最後になるかは別として、7回以降をこの4人で逃げ切りたい」と構想を描く。「何位までに入るという寂しい目標は持ちたくない」と20年ぶりの優勝を目標に戦いへの準備に入る。

ドラ1福井、日ハム・斎藤「年下だけど尊敬できる」

 金の卵の目標は「福井世代」の形成だ。ドラフト1位ルーキー・福井は早大の同級生でもある日本ハム・斎藤について「斎藤のおかげでおまけでも注目してもらうことができた。賢いし、強い投手。年下だけど尊敬できる」と話す。

 「ハンカチ世代」のイメージが強い右腕だが、早大入学時に1浪しているため、年齢は斎藤らより1つ上。開幕1軍を最初の目標とした上で「福井世代にしましょう」と同い年のオリックス・T-岡田らに負けない活躍を誓った。

広島 大量の“血の入れ替え”断行 待たれる新戦力

 10年連続Bクラスから脱出するべく、16人が退団し新たに14人の選手を迎え“血の入れ替え”を断行した広島。新入団選手も含め、新戦力の台頭がAクラス入りには不可欠だ。

 絶対的なエースに成長した前田健と復調が待たれる大竹以外に先発投手の名前が挙がってこないのが現状で、斎藤、ジオらはまだ投げてみないと分からない不安定要素がいっぱい。新外国人の右腕のバリントン、サファティも未知数で、ドラフト1位の福井をはじめ、4位までに指名した大学・社会人出身の投手の中で使える投手は積極的に登板させるとみられる。抑えもシュルツがいるものの、腰に不安があり、永川勝の復活はチームとしても待ち遠しいはずだ。

 リーグトップの119盗塁で久々に“機動力の広島”を見た2010年だったが、総得点はリーグ4位。勝負を決める一打が出ず、痛い星をいくつも落とした。長打不足解消にメジャー通算79本塁打のトレーシーを獲得。昨季後半から急成長した岩本らパンチ力のある選手と足のある選手をバランスよく使い、相手にいやらしさを感じさせる打線を組みたい。

 それぞれ才能のある選手が多いにもかかわらず、故障や起用法で力を十分発揮できていない傾向にある。力が一つにまとまれば、決して下位に沈むチームではなく、2年目の野村監督の手腕が試される。

SpoNichi

2010/11/19 (金)


野村監督、内川に「3、8以外なら好きな背番号を」…広島

 広島は18日、横浜からFA宣言した内川聖一内野手(28)と横浜市内のホテルで初交渉を行い、野村謙二郎監督(44)が強烈アピールを展開した。球団史上初めてのFA交渉に気合満点の同監督は、永久欠番の3と8以外のすべての背番号の用意を明言。内川を感激させた。また、交渉解禁日となったこの日、阪神は藤井彰人捕手(34)と、ソフトバンクは細川亨捕手(30)と初交渉を行い好感触を得た。

 FA制度の導入から17年、ついに初交渉の席に着いた広島は、野村監督の独壇場だった。横浜市内のホテルで鈴木球団本部長、川端編成グループ長と「ハマの安打製造機」を出迎えると、同じ大分出身の指揮官は、約1時間、熱烈なラブコールを浴びせ続けた。

 いきなり「背番号は(永久欠番の)3、8でなければ、好きなのを持って行っていい」と大盤振る舞いした。「3」は鉄人・衣笠祥雄氏、「8」は山本浩二氏(ともに野球評論家)。現役時代に背負った「7」を提示すると思われたが、チームの顔、前田智の「1」でさえ、希望するなら与える覚悟さえ示した。

 殺し文句はそれだけではない。「秋のキャンプでは(内川が)来ることを想定してやっている」「もし広島に来てカープが優勝すれば、歴史的な選手になれる」と続けた。途中からは同郷ということもあり、大分弁も交えたほどだった。

 広島として、最高の条件も提示した。3年契約で年俸は総額6億円プラス出来高。もし合意すればいきなりチーム最高年俸に躍り出る金額となる。「よそよりは少ないかもしれないが、うちとしてできることをした」と鈴木球団本部長は説明した。

 「『内川君だから獲得に動く』と言われて重みを感じるし、うれしかった。迷いの部分は当然大きくなります」と内川は広島の誠意に感謝しきり。「いい話し合いができた。一段とほれ直した」と指揮官もチームの歴史的デビュー戦を満足げに振り返った。

 内川は今後、条件面で上回り有力とされるソフトバンクとも交渉を行う。広島との次回交渉は未定だが「必要とあらばどこでも行きます」と野村監督は再出馬にも意欲的。赤ヘルの歴史を変えてくれると信じ、“恋人”からの吉報を待つ。

福井が7奪三振で底力見せた!!広島1位

 ◆第41回明治神宮野球大会最終日 ▽大学の部・決勝 早大2―1東海大(18日・神宮)大一番でドラフト1位の底力を見せつけた。早大の先発マウンドを任されたのは福井優也(4年)。菅野に負けじと最速150キロの直球で押し、キレの鋭いスライダーで7奪三振。「今朝、先発と知ったときは緊張したけど、勝って終われて良かった。斎藤、大石と3人投げて勝ったのは初めて」。2回に失策絡みで1失点も、6回まで86球で5安打に抑え試合をつくった。

 愛媛・済美高時代のセンバツ制覇に続き、大学でも日本一を経験。広島はリーグVから19年、日本一からは26年といずれも12球団一遠ざかっているが、「日本一にしたいですね」と意気込んだ。斎藤、大石については「一生の宝になると思う」と感謝。「お互い良いときと悪いときがあると思う。悪いときには励みにしたい」とプロでも切磋琢磨(せっさたくま)していくことを誓った。

HouChi

2010/11/23 (火)


豊田が広島変える!Aクラスの極意注入だ

 Aクラスの極意、注入だ! 広島入団が決まっていた前巨人の豊田清投手(39)が22日、広島市内のマツダスタジアムで会見した。プロ18年間で、チームが4位以下に終わったのはわずか1度。年俸は昨年の1億7500万円から2000万円プラス出来高に大幅ダウンとなったが、勝ち方を知る右腕がカープを変える。

 西武の黄金期を築いた名ストッパーが、来季からカープに「常勝の鉄則」を伝える。巨人を自由契約になり、広島入りした豊田にとって使命の1つになりそうだ。チームは13年連続Bクラス。クライマックスシリーズにも縁がない。それだけに、豊田は前を向く。

 「僕は入団してから、ずっと優勝争いをしているチームです。Bクラスは1度だけ。巨人に入って1年目(4位)です。やるからには上を目指さないといけない。やってできないことはない。優勝したいですね」

 優勝するためにも貴重な経験則だ。戦力、戦術、チームのムード…。苦境で耐え抜く強い精神力も欠かせない。いわば優勝を宿命づけられた集団で投げ続けた経験は何物にも替えがたい。自身は「いまは自分のことで精いっぱいです」と話すが、周囲は放っておかない。率先して獲得を指示した松田オーナーは言う。

 「修羅場をくぐっているから。『若いやつを教えてやってくれ』と言ったよ。若い選手は彼のすることから学ばないといけない。いること自体が勉強になる」

 おとなしいタイプの投手が多いと指摘される広島投手陣にとっても、新たな刺激になる。来季はセットアッパーなどで起用される方針。同オーナーは「感情をあらわにした投球をしてほしい。西武のときの強い印象がある。巨人に行って、感情を抑える投球になった。ほえて、抑えて、喜んでくれたらいい」と続けた。

 重量感のある速球と落差の激しいフォークを軸にして、制球力で戦ってきた。険しい形相で重ねたセーブ数は157個。この日、本拠地の客席でカメラマンから笑顔を求められても「僕は笑いません」と真顔で言った。その表情こそが、豊田の原点だ。「まだ現役で投げると思って練習していました。年齢は気にしていない。まだまだ投げられる、腕を振れるうちは現役一本でやりたいですから」。鬼が来た。来季は40歳。心の底から笑うのは、フル回転して、再び栄光をつかんだ瞬間でいい。【酒井俊作】

マエケン初CM「これに出たかった」

 広島前田健太投手(22)が、広島・竹原市に本社を置く住宅メーカー「創建ホーム」のCMに出演することが22日、発表された。CMに抜てきされるのは初めて。栗原健太内野手(28)、梵英心内野手(30)とともに広島市内ホテルで行われた制作発表会に出席。「広島に来て4年ですが、このCMに出たかったので光栄です」と話した。同社が広島の選手を起用するのは17年目。12月上旬から複数バージョンを撮影し、来年1月1日から広島地区で放映予定だ。

 同社の山本社長は「正月三が日は多く(CMを)流す予定です」と話した。前田健は、自らが印刷されている同社のポスターを手に「格好良いですね。来年も今年以上の成績を残してCMに出られるように」と、さらなる飛躍を誓った。【佐藤貴洋】

【広島】丸「顔が大きいので」MVP

 広島の丸佳浩(21)がファン感謝デーのMVPに輝いた。広島市に拠点を置く女子ホッケーチーム「コカ・コーラウエストレッドスパークス」の選手を交え、バット代わりにスティックを使用したホッケー野球で魅せた。2安打1打点に激走の大活躍。マイクパフォーマンスでも「顔が大きいので」を連呼してスタンドを沸かせ、チーム石井の3-2サヨナラ勝ちに貢献。今季プロ初打点をマークした成長株は、来季に向けて「1軍で頑張りたい」と話した。

【広島】来季スローガンは「逆襲」

 広島は23日、マツダスタジアムでファン感謝デーを行い、来季のキャッチフレーズ「STRIKIN’ BACK(ストライキン バック)!! 逆襲」を発表した。今季は球団史上ワースト2位タイの84敗を喫し、13年連続Bクラスの5位に沈んだ。チーム立て直しを目指す今オフは、初めてFA選手の獲得に動くなど積極的な補強を進めている。野村謙二郎監督(44)は「補強も含めていまのチームにぴったり。目標として意識し、あっと驚かせるような戦いをしたい」と目をぎらつかせた。

NiKkan

2012/12/20 (木)

DaiLy

2010/11/19 (金)


FA交渉スタート、広島に内川グラリ

 フリーエージェント(FA)宣言した選手と所属外球団との交渉が18日、解禁された。初日から横浜・内川聖一内野手(28)は、横浜市内のホテルで広島と交渉。同じ大分県出身の野村謙二郎監督(44)の熱意と、3年総額6億円の条件提示に「悩む材料が増えた」と揺れる心境を明かした。また西武・細川亨捕手(30)はソフトバンクと、楽天・藤井彰人捕手(33)は阪神との交渉に臨んだ。

 感激の初交渉だった。解禁初日のアタックにくわえ、93年の制度導入以降、広島がFA獲得に動いたのも初めて。その事実こそ最大の誠意だと感じた。

 「FAで選手を獲りにいくというのは歴史的なことだと言っていただいた。感謝の気持ちでいっぱいです。悩む材料が増えました」

 広島からは鈴木球団本部長と川端編成部長、そして子供のころからあこがれの存在だった同郷の野村監督が秋季キャンプ地の宮崎県日南市から駆け付けていた。約1時間の会談で、提示された条件は3年総額6億円。内川は「金額で球団を選ぶということはありません。“内川選手が必要だ、チームを変えてほしい”と野村監督に言っていただき、ありがたい限りです」と話した。

 夫人でフジテレビアナウンサーの翼さん(29)は広島ファン。「嫁からは、やりたいところでやってといわれているし、東京を離れることに関して抵抗がなくなってきている部分もある」と移籍に心が動きつつある心情も吐露。今後はソフトバンクなど、他球団とも交渉を行い、横浜との交渉のテーブルにも着く予定。FAの目玉・内川争奪戦が、いよいよ始まった。(山下千穂)

SanSpo


CarpInformation


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-18 (月) 22:14:26 (2556d)