急行「末代までの恥」

概要

運行区間:松江~和歌山(八百万支線勝鯉本線智辯支線

列車名は、第82回選抜高等学校野球大会での開星高校の野々村監督の言葉です。
秋季和歌山県大会を勝ち抜いて優勝し、堂々近畿大会に出場した向陽高校ナインのプライドをズタズタにする発言です。

野々村監督には正々堂々と向陽高校に出向いて謝罪してもらいたい。死ぬより先に。

なので、わざわざ辺境の松江から和歌山までの急行列車を設定(名前が直通だし)し、発言の愚かさを猛省するために命名しました。

野々村監督のコメント(太字は総裁

開星・野々村監督「末代までの恥」…高野連が調査へ
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/03/23/17.html

 【センバツ第2日 開星1-2向陽】第1試合で向陽に敗れた開星・野々村直通監督(58)が試合後「腹を切りたい」などと不適切なコメントをしたとして、日本高野連が事実確認を行うことになった。

 同校は昨秋中国大会覇者で今大会優勝候補の一角に挙げられていたが、21世紀枠の向陽に1―2で初戦敗退した。野々村監督は試合後のお立ち台で何を問われても数分間沈黙。しばらくして「全国で恥をかきました。21世紀枠に負けたことは末代までの恥。こんな試合しかできないのは監督の力が足りないということ。もう野球をやめたい。腹を切りたい。死にたいですね」という発言を繰り返した。その後の地元テレビ局の取材も「もう野球の話はしたくない」として拒んでいた。

 21世紀枠は昨秋都道府県大会8強以上で、地域への貢献活動など競技以外の活動を加味して3校を選出している。日本高野連・小森事務局長は「実際に聞いていないので事実確認します。相手に対する発言の部分は確認しないといけない」として、事実を確認した上で今後の対応を検討するとした。

車両について

matudai1.JPG
廣島地区を通るため、末期色となっています。

matudai2.JPG
サボは「松江←→和駅」です。

列車案内


添付ファイル: filematudai2.JPG 125件 [詳細] filematudai1.JPG 118件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-20 (火) 00:30:12 (2832d)