広島の沖縄1軍春季キャンプが1日、沖縄市野球場で始まり、練習前に歓迎式が催された。首脳陣、ナインらがグラウンドに整列する前で、東門美津子市長(68)は「『野村監督、選手、職員の皆さん、お帰りなさい』とお迎えしたい。今年はうさぎ年。沖縄市にとってすごい年だと私は言っていますが、広島カープの優勝も入っています」とあいさつした。キャンプを支援する沖縄協力会には約130人の会員がいるが、今年は新たに1000人の会員を募集。野村監督も「暖かい沖縄の地で練習して、いい報告をできるよう、2000人、3000人と増えるよう、僕らも頑張りたい」と応えた。花束贈呈のほか、昨季沢村賞などを受賞した前田健太投手(22)には、4・5リットルの泡盛記念ボトルが贈られた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-01 (火) 22:42:43 (3214d)