プロ初のキャンプを控える福井は、泰然としていた。「まずは遠投で肩をつくり、(5日以降の)第2クールからブルペン入りしたい」とスロースタートを宣言。新人独特の気負いや高揚を感じさせなかった。

 那覇空港への到着は、早大の同級生・斎藤(日本ハム)の出迎えフィーバーが一段落した直後だった。千人を超すファンや報道陣が詰め掛けた騒動を伝え聞いても、「彼ならそうでしょう」と落ち着いたもの。すれ違いで再会はならず、「お互いけがしないように頑張ろうと送りました」と、メールでエール交換した。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-01 (火) 22:09:37 (3186d)