勝利の方程式の一角が期待される広島のデニス・サファテ投手(29)が1日、キャンプ初日から全開モードでブルペンで25球を投げた。「70~80%」と言うが、力強い直球が快音を響かせ、捕手の構えたミットに収まった。

 この日に合わせ、米での調整は例年より2週間早めに行ってきた。「本格的な投球を10月半ばからやってきた。キャンプ初日に投げるのはアメリカでも日本でも同じ。いい状態だ」と、肩はもう仕上がっている段階だ。

 巨人・村田スコアラーは「力もスピードもある。縦の変化のカーブ、スライダーがある」と言えば、中日・善村スコアラーも「荒れていない。球はまとまっている」と、剛腕に加えた制球力に目を止めた。

 外国人枠はジオ、ソリアーノ、シュルツに新加入のバリントン、トレーシーの6人で4席を争う厳しいモノとなっているが、サファテの剛球で、さらなる激化は必至の情勢だ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-02 (水) 22:45:47 (3185d)