宮崎、鹿児島県境にある霧島山・新燃岳(しんもえだけ・1421メートル)で1日午前7時54分ごろ、爆発的噴火があり、噴煙は火口から約2千メートルの高さに達した。

 広島の2軍キャンプ地・日南でも、噴火の被害を受けた。沖縄の1軍キャンプに帯同している鈴木清明球団本部長(56)は、日南から報告を受け「外野の芝生に火山灰が降ったため、ダッシュなどは(日南おびすぎ)ドームで行った」と説明。練習場所の変更を余儀なくされた。

 今後も練習メニューに大きな影響を与えるのは間違いないが、近くに使用できる代替球場がないという。今後状況がさらに悪化した場合について、鈴木本部長は「マツダスタジアムは使えないと思うので、(2軍球場の)由宇も考えないといけないかも」と話した。

 15日からは1軍が沖縄から合流する予定だが、野村謙二郎監督(44)は「早く収まってもらって、元気な姿を宮崎の人に見せたいですね」と心配そうに語った。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-02 (水) 22:50:08 (3205d)