広島栗原健太内野手(29)が町田打撃コーチから熱血指導を受けた。栗原のフリー打撃を見て「足の使い方がよくないため脇が甘くなっている」と指摘。歩きながら打ったり、グラウンド整備用のトンボでスイングさせたりして早速矯正。「(トンボのように)重く長いものは下半身を使わないと振れない。その感覚を分かってもらえれば」(町田コーチ)。栗原も「脇があくのは僕の課題ですし、打つ体勢が決まらずに振ると力が入りませんから」と前向き。野村監督は「確実性を高めるためでしょう。彼の技術を持ってすれば、打点王も取れる」と主砲に期待していた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-03 (木) 21:16:05 (3235d)