豊田が40歳の誕生日を祝うように、初ブルペンで40球を投げ込んだ。「また今年もユニホームを着て投げられる喜びを感じた」。捕手を立たせたまま、一球ずつ丁寧に右腕をしならせた。

 ベテランらしからぬハイペースな調整。「新しいチームで(自分の)位置付けは分からない。体が投げたいと感じたら、捕手を座らせる」と意気込んでいる。

 報道陣からケーキを贈られると、練習中のナインからも祝福の拍手を浴びた。「うれしいね」。チーム最年長投手が、子どものような笑顔をのぞかせた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-03 (木) 20:49:36 (3146d)