広島のドラフト1位・福井(早大)が、練習中に右太腿裏に張りを訴えてメニューを途中で切り上げた。

 午後から行われたランニングを回避。トレーナーらと相談し、他の選手より先に宿舎に引き揚げた。本人「(右足は)もともと肉離れを何回も起こしている場所でクセになっている。肉離れになっても困るから。大丈夫ですよ」と軽症を強調。6日に予定されていた初のブルペン投球もキャンセルとなり「調子が上がってきたので、投げたかったです」と残念がった。

 「軽い練習疲れで、張り切り過ぎたようだ。本人があす(6日)投げると言っても止めます」と野村監督。今後もコンディションを見ながら練習を行う予定だが、登板できない状態が続くようなら2軍の日南キャンプに配置転換となる可能性もある。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-06 (日) 23:20:08 (3142d)