慢性的な右肩痛から復帰を目指し、6日に4カ月となるブルペン投球を行った広島大竹寛投手(27)が1夜明けた7日、沖縄市野球場に隣接するグラウンドでキャッチボールを行った。軽めの投球で肩の張りなどをチェック。「今日は軽くしか投げていない。イレギュラーな張りはなかったし、問題ないと思う」。8日に強めのキャッチボールを行い、状態が良好なら、10日からの第3クールで今キャンプ2度目のブルペン入りを計画することになりそうだ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-07 (月) 23:40:00 (3144d)