新人4投手がフリー打撃に登板。プロの打者と初めて対戦したが、緊張と力みからか、精彩を欠いた。

 それぞれ打者6人を相手に計30球。岩見は抜け球が目立ち、金丸は2本塁打を浴びた。弦本は18球がボールだった。

 ドラフト2位左腕の中村恭は球速145キロをマーク。会沢のバットを折る場面もあったが、「指に掛かった真っすぐが少なかった。納得できる球は6、7球くらい」。浮かれた様子はなかった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-12 (土) 00:13:22 (3170d)