◆広島・日南キャンプ(15日)ドラフト1位・福井優也投手(23)=早大=がついに本気モードに突入した。この日から2次キャンプがスタート。ブルペンで捕手を座らせ、キャンプ最多となる50球を投げ込むと「7、8割の力で、球の回転とフォームのバランスをチェックしながら投げた。体も気持ちも上がってきた」と満足そうに笑った。

 低めに制球された伸びのある直球に、大野投手チーフコーチも感嘆の声を上げた。1次キャンプの沖縄では、左太ももの張りを訴えて練習を早退するなど、お騒がせばかりが目立ったルーキーの“変身”にひと安心。「先発ローテの投手と比べて見劣りしない。スピードもありキレもある。安心したよ」と高く評価した。

 視察した中日・善村スコアラーが「確かに球威もキレも、コントロールもいい」と絶賛するなど、ようやく本来の姿をアピールし始めた福井。日南入りしてからは、同じ市内でキャンプ中の西武・大石と食事をした。早大時代の同僚からも刺激を受けた右腕は「明日もブルペンに入ります。徐々に球数を増やしていきたい。できたら100球くらい投げたい」と巻き返しを誓った。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-17 (木) 00:26:55 (3072d)