紅白戦に登板したルーキー左腕の岩見が、1回を1安打無失点と力投。左打者を完璧に抑え込み、「実戦向き」(野村監督)として評価を上げた。

 テークバックの小さい独特のフォームで、左の松山、松本、木村を凡打に仕留めた。決め球はいずれも130キロ台半ばの内角直球。「落ち着いて投げられた。球速も自然に上がってくると思う」と手応えを口にした。

 一方で、しきりに悔やんだのが赤松に喫した左前打。「打たれたこと以前に、カウントを悪くしたのが反省点」と厳しい表情で振り返った。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-17 (木) 23:02:25 (3019d)