広島は16日、宮崎県日南市でキャンプ初の紅白戦をした。

 投手陣は今井、ソリアーノの両先発が2回無失点とまずまずの内容。ルーキーの岩見や新外国人のサファテも安定した投球を披露した。

 野手では、紅組の3番に座った岩本が3安打、2打点と活躍。新外国人のトレーシーや広瀬、2年目の庄司も2安打と結果を残した。 (加納優)

 ▽調整に手応え「積極性」を意識

 岩本が実戦で存在感を高めている。日本ハムとの練習試合(12日・沖縄)での本塁打に続き、3番に入った初の紅白戦でも3安打2打点と活躍。「(実戦は)投手との勝負。気持ちを高めて臨んでいる」。順調な調整に手応えが膨らんでいる。

 力ではなく、技を見せた。「コンパクトに振り抜けたと思う」。第1打席は、ソリアーノのスライダーを左前へ。2打席目はサファテの速球を中前へはじき返した。2死二、三塁で迎えた四回の3打席目は、中村恭のカーブを追っつけ、左前へ落とす2点打。野村監督は「順調にきていることを再確認できた。頼もしさを感じる」と高く評価した。

 期待されるのは長打力。しかし、今キャンプでは「積極性」だけを意識し、打席へ向かっている。「初球から甘い球をどんどん振る。その結果、いい角度で打球が上がれば長打になるはず」と割り切っている。浅井打撃コーチも「追い込まれても、バットコントロールで単打を放つ技術はある。早いカウントから強引にでも振っていく姿勢を求めたい」と注文をつけた。

 紅白戦後は特打。球場を離れたのは、野手陣の最後だった。「結果は大事だが、打撃の質も高めていきたい」。岩本のバットが、外野の定位置争いをさらに熱くする。(小西晶)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-17 (木) 22:59:13 (3137d)