19日のオープン戦(対巨人)の2回にけん制タッチアウトとなった広島岩本貴裕外野手(24)に、猛練習が課された。試合後に野村謙二郎監督(44)が「死ぬまで帰塁練習をさせられるでしょう」と予告していたのが実現。練習中に約25分間、一塁ベースからリードを取って頭から帰塁する動きを繰り返し、ユニホームは泥だらけになった。その回数は約70回。永田守備・走塁コーチは「帰塁するとき、上体が高かったので体が浮いてしまう。これからもやらせるよ」とおかわりしごき? を予告していた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-22 (火) 00:13:37 (3133d)