▽トレーシー、確実性に自信

 2011年型オーダーは、打者で唯一の補強となった三塁手・トレーシーが成否の鍵を握る。守備範囲は広くないものの、「捕ってしまえば送球に難がない」と高守備走塁コーチ。三塁に固定できれば、一塁は栗原、外野に岩本を置く布陣が現実味を帯びる。

 米大リーグ通算79本塁打のスラッガーという触れ込みは、現段階で見られない。「シーズン30発打てるタイプじゃない」と、首脳陣の評価も一致する。24日のフリー打撃でも柵越えはなく、ライナー性の打球を広角に放ち続けた。

 実戦の13打数で放った4安打はいずれも単打。巨人とのオープン戦では、ノーサインで無死二塁から走者を進める二ゴロを打つなど、状況に応じた的確なミート力を示した。

 不安要素は日米で違うストライクゾーンへの戸惑いだ。「できるだけ多く打席に立って早く慣れたい」と、26日からのオープン戦に出場を志願した。

 ▽長打力不足は岩本らで補う

 トレーシーが中距離打者となれば、長打力不足を補う候補は岩本が筆頭だ。練習試合(12日、日本ハム戦)で本塁打を放つなど、着実に成長している。浅井打撃コーチは「栗原並みに飛ばす能力があるわけだから、長打にこだわってもらいたい」と注文。岩本は「力まずに、自然に(本塁打が)出ればいい」と、安打の延長としてアーチを思い描く。

 野手陣は、低反発で飛ばなくなった統一球への対策も含め、重たい球でティー打撃を重ねている。「ただでさえ絶対的な飛距離が足りないわけだから、強い打球を打ち返していくしかない」と野村監督。高い走塁意識も含め、つなぐ野球を再徹底する。

 こうしたチーム方針と合致するように、トレーシーは打点にこだわる姿勢だ。「1点は本塁打でも入るが、単打で走者をかえしても同じだ」と勝負強さに自信を見せる。その確実性が、今季の得点力を大きく左右する。(山本修)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-26 (土) 06:06:23 (3124d)