広島・前田健太投手(22)のキャンプ中の“お泊まり愛”が25日発売の写真週刊誌「フライデー」で報じられることが24日、分かった。これを受けて同日に球団が事情聴取を行い、門限(午前0時)を破ったとして厳重注意と罰金のペナルティーを科した。

 同誌によると、マエケンは日南キャンプ休日前日の17日深夜にモデルの女性とチーム宿舎とは別のホテルに宿泊。翌日のデートの様子も撮影された。事情聴取した宮脇敏チーム管理グループ長は「誰と恋愛してもいいけど、団体行動だから」と説明。独身で密会をとがめられたわけではないとはいえ、さすがの沢村賞右腕も「反省してます。時間(を破ったこと)は悪かったわけですし」とうなだれた。

 この日のブルペンでは今キャンプから試投しているフォークを交え、50球を投げ込んだ。大野投手チーフコーチも「ピッチングに幅が出る」と強調。背番号18は「まだまだ。シーズンに入ってどうか分からない。いろいろ試しながらやっていきたい」と進化に手応えを感じとった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-26 (土) 05:47:17 (3095d)