◆広島・日南キャンプ(25日) 13年連続Bクラスからの巻き返しを目指す広島が、全体としてのキャンプを打ち上げた。就任2年目の野村監督は「去年よりことし。チーム内での争いを感じさせてくれた」と充実感に満ちた表情で総括した。

 目を引いたのは昨季不振だった投手陣の競争だ。2年目の今村や斉藤、篠田の両左腕が先発枠の争いに名乗りを上げれば、永川、シュルツに加え新外国人のサファテが抑えの候補に挙がるなど、各投手が好機をつかもうと必死だ。

 打撃面はフォーム固めに苦労していた主軸の栗原が最終クールで鋭い当たりを連発。「最後の方は(良かった)ね」と復調ぶりを見せた。チームの売りの守備も連日の特守でみっちり鍛え上げられた。

 26日からは本格的にオープン戦の期間に突入する。指揮官は「開幕の時に万全であれば逆転はある。最後の最後まで分からない」とさらなる奮起を期待した。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-26 (土) 05:50:48 (3011d)