オープン戦  広島0-1ソフトバンク (2月26日 ヤフーD)

 広島は3併殺に走塁ミスや失策が重なり、目指している緻密な野球ができなかった。野村監督は「今の状況でどれだけできるかと思っていたが、いいものは見られなかった」と厳しい表情で話した。

 1点を追う九回には2死一塁から岩本が右前打を放ったが、一塁走者の中東が二塁をオーバーランしてアウトとなって試合終了。指揮官は「きょうの走塁は内容的に全然駄目だったが、あれがとどめを刺した」と吐き捨てるように話した。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-27 (日) 00:28:26 (3157d)