オープン戦 広島2―4ソフトバンク (2月27日 ヤフードーム)

 広島の新外国人、4番に入ったトレーシーがソフトバンク杉内から本塁打を放った。

 1打席目に先発の和田の前に三振を喫したが、4回に開幕投手の座を争う杉内からは、内角高めの直球をとらえ、右翼へ打った瞬間それと分かる一発。「これがシーズンの第1号だったらよかったが、出ないよりはいいね」と満足そうに話した。

 栗原と並ぶ大砲が欲しかった広島だが、オープン戦1号弾でメジャー通算79本塁打の実力を発揮。野村監督は「少しほっとした。ああいう打撃をしてくれれば」と4番の強打を喜んでいた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-28 (月) 10:20:15 (3208d)