新たに広島市南区大州に建設されていた広島の1軍寮が28日、完成した。総工費約2億円をかけて建てられた新しい寮は川沿いにあり、4階建てで、白を基調とした明るい造り。部屋数は12で、4階に浴室、1階に食堂がある。各部屋にはベッド、デスクワーク用の机、クロゼットなどが備え付けられている。

 部屋の広さは10畳だが、4階にある2部屋だけはそれぞれ20畳、15畳と特別に広い。すでにこの日、15畳の部屋には斉藤悠葵投手(23)が一番乗りで入寮。「すごくいい。全体的に色が白いので明るい。また頑張ろうという気になります」と笑顔で語った。

 ちなみに20畳の部屋には石井琢朗内野手(40)が入寮する予定。現在1軍帯同中の福井優也投手(23)も2軍の大野寮から移る予定だ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-03 (木) 22:29:03 (3091d)