広島東洋カープの2011年公式戦の前売り入場券販売が1日、広島市南区のマツダスタジアムなどで始まった。2年目を迎えた野村カープに期待する多くのファンが詰め掛け、入場券を買い求めた。

 発売開始の午前10時。スタジアムの三つの入場券売り場には雨の中、約1400人が並んだ。地元開幕戦となる29日の巨人戦など、同スタジアムである主催67試合の中から、お目当ての対戦カードの入場券を購入していた。

 広島市佐伯区の会社員林剛さん(35)は「福井たち新人や新外国人の活躍で投手王国を復活し、優勝してほしい」と、交流戦の日本ハム戦のチケットなどを入手した。

 全国の主要コンビニエンスストアなどでも内外野指定席や内野自由席など一般席の前売りを開始した。2日からは中国新聞販売所、3日からは球団ホームページでも予約を受け付ける。

動画はこちら


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-03 (木) 22:11:27 (3118d)