FAで初交渉 石原、態度保留 '10/10/20

 今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島の石原慶幸捕手(31)が19日、広島市南区の球団事務所で鈴木清明球団本部長との話し合いに臨み、権利行使について態度を保留した。

 石原は交渉後、「結論は出ていない。今、考えている」と説明した。2時間半に及んだ交渉で、球団は条件提示をした模様。石原は「残ってくれと言われて、ありがたかった。カープに対する気持ちはもちろん持っている」。球団は引き留めに向け、引き続き交渉する。

直球に手応え、大島はつらつ 9年目で初の教育L免除 '10/10/20

 広島の秋季練習で、大島?の元気の良さが目立つ。9年目で初めて教育リーグを免除され、直球のスピードアップをテーマに取り組んでいる。

 ▽伸びのある送球連発

 投手陣は全身を使った投球を体に覚え込ませるため、ゴロを捕球し助走をつけて送球する練習を毎日繰り返している。イメージするのは「地面をはうボール」。秋季練習4日目の19日、大島は伸びのある送球を連発。「力をいかに指先に伝えるか。日に日にいい球がいく回数が増えてきている」と表情は明るい。

 今季はチーム最多の53試合に登板したこともあり、宮崎県で開催中の2軍の教育リーグ「フェニックスリーグ」は不参加。大野ヘッドコーチは「いつまでも教育リーグに行っているようでは困る。実戦は十分積んでいるわけだから、練習の中で『これだ』というものをつかんで継続していくことが大事」と注文する。

 本人もやるべきことを心得ている。「自分の練習がいい感触でできている。これを今後も続けていきたい」と意気込んでいる。(友岡真彦)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-20 (水) 10:47:37 (3230d)