中谷ら戦力外通告 育成で再契約 '10/10/27

 広島は26日、中谷翼内野手(26)と育成選手の河内貴哉投手(28)に戦力外通告をしたと発表した。両選手とも育成選手として再契約する。

 中谷は9月末に右ひじの靱帯(じんたい)を損傷。10月に再建手術し、回復までに8カ月以上かかるため、球団は支配下登録から外した。

 今季、育成選手だった河内は来季の契約更新のため、一時的に契約を解除した。

梵、キャンプへ 初心回帰強調 '10/10/27

 初の盗塁王を獲得した梵が、秋季キャンプでは初心回帰を強調した。「今年の成績はすべてゼロになる。(復活を懸けていた)昨年と気持ちは変わらない」とさらに鍛え上げる覚悟だ。

 全試合出場して打率3割6厘、43盗塁したが慢心はない。「確率を上げる形を体に覚え込ませて、今年よりも数字を伸ばしたい」。盗塁は50の大台を目標に設定し、広角打法が持ち味の打撃でもレベルアップを誓った。

1位候補、大石・沢村に絞る 28日ドラフト会議 '10/10/27

 28日のプロ野球ドラフト会議で、広島が1位指名候補を大石達也(早大)と沢村拓一(ひろかず)(中大)の両投手に絞り込んだことが26日、分かった。ドラフト当日まで流動的な要素は残すものの、競合での150キロ右腕の獲得を基本線に据えた。

 大石は182センチ、76キロの右投げ左打ち。早大では1年秋から、速球と切れ味の鋭い変化球を武器に救援投手として活躍した。横浜やソフトバンクなどが1位候補に挙げ、今ドラフトで最も人気が集中する公算が大きい。

 沢村は184センチ、90キロ、右投げ右打ち。神宮球場で歴代学生最速の157キロをマークするなど、直球が最大の持ち味。即戦力としての注目度も大きく、巨人などが1位指名を予定している。

 広島は斎藤佑樹、福井優也(ともに早大)大野雄大(仏教大)を加えたSランクの5投手のうち、首脳陣やスカウトの意見に基づいて大石と沢村を最上位にリストアップした。他球団の動向や本人の意向などを直前まで調査。最終判断は2人以外の選択肢も含めて、野村監督が下すことに決まった。

 27日には東京都内のホテルでスカウト会議を開き、1位指名の抽選が外れた場合の人選や下位候補のリストアップ、全体の指名人数などを協議する。(加納優)

町田打撃コーチ、来季1軍スタッフに就任 '10/10/27

 広島は26日、来季の1軍コーチングスタッフと日南秋季キャンプ(30日~11月20日)の参加メンバーを発表した。今季ヘッドコーチを務めた大野豊コーチは投手専任のチーフとなり、打撃コーチには町田公二郎氏が就任した。

 ▽主に右打者の指導役

 阪神から復帰の町田コーチは浅井樹コーチとともに打撃部門を担い、主に右打者の指導役として期待される。投手部門は、大野チーフと山内泰幸コーチが今季に続いて担当する。

 高信二守備・走塁コーチがベンチ担当を兼務するのに伴い、永田利則コーチが2軍から昇格。緒方孝市コーチは野手総合から守備・走塁に担当替えする。2、3軍スタッフは11月中に発表する予定。

 秋季キャンプには、ベテランや故障者を除く31選手が参加。今季全試合に先発した梵や前田健、ルーキーの今村、堂林たちがレベルアップを図る。

 参加選手は次の通り。

 【投手】武内?篠田?今村大竹前田健上野?斉藤?大島?青木高?川口?今井?相沢?【捕手】上村?白浜??会沢?【内野手】小窪?栗原堂林?松本?安部?木村?【外野手】井生?岩本中東?赤松天谷末永??

 ▽「戦う集団に変えたい」 町田コーチ就任会見

 マツダスタジアムで就任会見した町田打撃コーチは、「広島を勝てるチーム、戦う集団に変えたい」と力強く抱負を語った。

 2004年以来の古巣復帰。阪神では4年間、2軍打撃コーチを務めた。「一人でも多く、1軍で戦力になる選手を育てるという役割は同じ。1軍では毎試合が勝負になる」と力を込めた。

 対戦相手として見ていた広島打撃陣について、「全体的に弱く、迫力に欠ける印象がある」と指摘。現役時代は「練習の虫」と評されただけに、「とにかくバットを振ること。アマチュアではなく、プロとしての体力と技術、気持ちを身に付けてもらう」と強調した。

 会見後はスーツ姿でグラウンドに向かい、コーチ陣や選手にあいさつ。30日からの秋季キャンプで、6年ぶりに赤いユニホームに袖を通す。(加納優)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-27 (水) 07:40:34 (3249d)