マクレーン氏、駐米スカウト就任 外国人発掘網を強化 '10/11/24

 広島で昨季プレーしたスコット・マクレーン氏(38)が、駐米スカウトに就任することが23日、分かった。シュールストロム駐米スカウトとの2人体制で選手を発掘。2012年シーズンの外国人補強を見据え、米国スカウト網を強化する。

 マクレーン氏は今季、米大リーグ・カブス傘下のマイナーリーグに所属し、現役を引退した。駐米スカウト増員を計画していた広島は、西武時代も含めて日本で5年間プレーした経験を買い、スカウト就任を要請。合意に至った。

 フロリダ州が拠点のマクレーン氏は米国東部地区、カリフォルニア州のシュールストロムスカウトが西部地区を主に担当。注目選手は2人で調査する。

 野手出身のマクレーン氏の加入について、松田元オーナーは「投手出身のシュールストロムとは違う視点で選手を評価でき、日本向きかどうかも吟味できる」と期待する。

 12月には、大リーグ各球団の編成担当や選手の代理人が集まるウインターミーティングに参加。来季オフの新外国人獲得へ第一歩を踏み出す。(山本修)

カープVへ「逆襲」 新キャッチフレーズ '10/11/24

 広島は23日、マツダスタジアムであったファン感謝デーで、来季のキャッチフレーズを発表した。「STRIKIN’ BACK!! 逆襲」。今季5位の悔しさを胸に、巻き返しへ強い決意を持って臨む。

▽悔しさ・反発心込める

 「STRIKIN’ BACK」には反撃する、逆襲するという意味がある。19年間優勝なし、13年連続Bクラスという悔しさ、反発心を込めた。手書きのロゴにして力強さを強調した。

 約2万8千人が詰めかけた球場で、石井と前田が新しいキャッチフレーズを発表した。「今年はファンの期待を裏切る結果になってしまった。来年は強いカープを見せたい」と石井。ファン感謝デーの最後にあいさつした石原選手会長は「来年こそ期待に応えられるように、優勝目指してやっていきたい」と宣言した。

 球団史上2位タイとなる84敗を記録するなど、屈辱にまみれた今季。新キャッチフレーズについて、野村監督は「チームとしてもぴったり。あっと驚くような戦いを見せたい」と力を込めた。(友岡真彦)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-30 (火) 22:59:51 (3210d)