嶋5000万円、2年契約でサイン 「打撃でアピール」 '10/12/4

 広島の嶋重宣外野手(34)が3日、広島市南区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円増の年俸5千万円、2年契約でサインした。「複数年契約はうれしい。外野は守りのスペシャリストがたくさんいるので、打撃でアピールする」と意気込みを語った=金額は推定。

 16年目の今季は123試合で打率2割6分2厘。14本塁打はチーム2位タイだった。栗原が骨折で離脱中は4番に22試合座った。「(左肩の故障で)送球できない時期が長く、悔しい気持ちが強い」と納得していなかった。

 5月に国内球団に移籍が可能なフリーエージェント(FA)権を取得。シーズン終了後に権利を行使せず、残留を表明した。その後、球団が複数年契約を打診し、合意した。鈴木清明球団本部長は「必要な選手で流出は避けたかった」と説明。松田元オーナーは「(FAで)内川を獲得できず嶋への期待と役割は大きい。レギュラーを目指してほしい」とハッパをかけた。

 来年6月、35歳になる。「シーズン終盤に左方向へ強い打球を打つ感覚をつかんだ。しっくりくる感じがある。まだまだ野球はうまくなれる」。頼もしい言葉で活躍を誓った。(五反田康彦)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-10 (金) 13:42:44 (3089d)