ドラフト1位の福井優、肩や肘OK '10/12/7

 広島にドラフト1位指名された早大の福井優也投手(22)が6日、東京都内の病院でメディカルチェックを受けた。即戦力の期待が懸かる最速152キロ右腕は肩、肘ともに問題なしと診断された。

▽メディカル検査受け自主トレへ準備

 約1時間、エックス線やエコー検査を受けた。これまで大きなけがはなく、同行した石井トレーナーも「肘に柔軟性がある」と注目していた。福井優は「やらなければという思いが日に日に増してきた」と気持ちを高ぶらせていた。

 大学野球の全日程が終わり、チームメートで日本ハム1位の斎藤佑樹、西武1位の大石達也と自主トレを続ける。毎朝6時に起床。ランニング、ダッシュにキャッチボールと約2時間汗を流す。「年明けの合同自主トレについていけるよう、体をつくっておく」と準備を怠らない。

 9日に広島で入団会見があり、背番号11のユニホームに袖を通す。「赤い帽子とユニホームは似合うと思う」と笑顔を見せた。

 球団は11月中旬から順次、新入団選手のもとにトレーナーを派遣し、メディカルチェックを実施している。(下手義樹)

シュルツとジオ 来季契約で合意 '10/12/7

 広島は6日、マイク・シュルツ(31)、ジオ・アルバラード(32)の両投手と来季の契約を結んだと発表した。ともに1年契約の出来高払い付きで、シュルツの年俸は15万ドル増の90万ドル(約7500万円)、ジオは27万5千ドル増の62万5千ドル(約5200万円)。

 シュルツは来季で、4年連続の在籍となる。今季は腰の手術で登板11試合にとどまっただけに、「(腰は)百パーセント治っており、来季の優勝を目指して戦うことを心待ちにしている」とコメントを寄せた。

 前田健に次ぐ8勝を挙げたジオは、来季も先発ローテの一角で期待される。「春季キャンプまでに十分な休養をとり、よいシーズンを送れるよう備えたい」と抱負を語った。(金額は推定)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-10 (金) 13:45:55 (3234d)