マエケン最速「1億」なるか 主力契約更改 '10/12/15

 広島の契約更改交渉は大詰めを迎え、15日から盗塁王の梵たち主力6選手が臨む。最大の注目は20日の前田健。22歳でセ・リーグ投手3冠や沢村賞などに輝き、今季4800万円からの大幅増は確実。球団史上最速、最年少の「1億円プレーヤー」誕生なるか。

 前田健は表彰やイベントなどでオフもフル回転。14日は東広島市であったゴルフ大会に参加した。多忙な日程を縫って球団との下交渉を終えており、「1年間頑張った評価はしてもらえている。金額について自分から言うことはない」と更改日を待つ。

 ▽梵・広瀬も大幅増へ

 広島の最速、最年少での1億円突破は6年目の前田。来季高卒5年目の前田健が大台に乗れば、セ・リーグでも巨人の松井(前米大リーグ・エンゼルス、現在フリーエージェント)、坂本と並ぶ最速タイとなる。高卒での球界最速は3年目の西武・松坂(現レッドソックス)で、4年目は日本ハムのダルビッシュと楽天の田中。5年目までの到達は、オリックスのイチロー(現マリナーズ)と西武の涌井を含む7人しかいない。

 梵と広瀬は打率3割をクリアし、ゴールデングラブ賞も獲得。攻守の貢献度は高く、大幅アップは間違いない。栗原は死球による骨折が公傷となるかが焦点。複数年契約の東出は現状維持となる。

 チーム最高年俸の永川はけがと不振のシーズンだった。鈴木球団本部長は「期待が大きかった分、責任は重い」と話し、厳しい更改となりそうだ。(金額は推定)(山本修)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-18 (土) 09:43:42 (3075d)