大野練習場ひっそり 13人中9人帰省 '10/12/23

 今オフの広島は、恒例の自主トレ風景が見られない。大野屋内総合練習場(廿日市市)が、併設の寮とともに改修工事の真っ最中。例年はジャージー姿のナインでにぎわうグラウンドは、ひっそりと静まりかえっている。

 工事は11月下旬から本格化。寮の食堂拡張や練習場のボイラー工事などが段階的に進む。食堂やシャワーが使えず、通う選手は少ない。22日午前は、宮崎がたった一人で練習した。「キャッチボールの相手さえいないのは残念だが、やるべき事に集中できる」とネットへ向けて投球を重ね、フォーム固めに励んだ。

 寮に住む13人の若手も、24日の閉寮を待たずに9人が既に帰省した。残るは丸、今村、堂林、庄司の4人。堂林は外食続きの不便さを感じながらも、「今は筋力強化に専念する時期」と広島市内のトレーニングジムに通い詰める。

 この日の栗原や広瀬のように、練習拠点はマツダスタジアムに集中。これまで1月から石垣島(沖縄)で始動していた嶋は、出発を年内に早めた。

 1984年の大野寮完成以来、初の大規模改修は、年明けに新人9選手が入寮するまでに一段落。32席だった食堂は42席になって再開する。1月中旬には、活発な自主トレ風景が見られそうだ。(山本修、写真も)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-06 (木) 00:47:13 (3182d)