「黒田教室」コイに恩返し 岸本に変化球など助言 '11/1/9

 ▽「引き出し増やしてもらえれば」

 マツダスタジアムで自主トレに取り組んでいる米大リーグ、ドジャースの黒田が、広島の投手を積極的に指導している。8日は岸本と一緒に練習し、変化球の握りやフォームについて助言。「僕も人に聞いたり、見て盗んだりしてきた。少しでも引き出しを増やしてもらえれば」。古巣に恩返ししたいとの思いを口にしている。

 トレーニング室で顔を合わせ、黒田がキャッチボールに誘った。約20分間、気付いた点を伝えた。「その中に彼にない発想があればプラスになる」

 ツーシームについては「曲がる幅ではなくて、どれだけ打者の手元で動かせるか」とアドバイス。さらに投げる際、左手が下がるため球の出どころが見えやすいと「診断」し、グラブを肩に近い位置まで上げるように改善策を示した。

 岸本は「キャンプ前のいい時期に聞けた。ものすごく参考になったし、参考にしないともったいない」と顔をほころばせた。

 岸本は黒田が大リーグ入りした後の2008年に横浜から移籍。一緒にプレーした時期はない。黒田は「あれだけの体がある。キャッチボールでもいい球を投げている」と潜在能力を評価する。

 昨年末は今井に精神面でのアドバイスを送った。16日まで同スタジアムで調整する黒田は「機会があればプラスになることを伝えたい」と惜しみなく後輩に技術を教えるつもりでいる。(友岡真彦)

ChuGoku


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-23 (日) 22:59:29 (3163d)