カープに「福」が来た!早大・福井1位

 「プロ野球ドラフト会議」(28日、グランドプリンスホテル新高輪)

 1位入札で広島など6球団が競合した大石達也投手(22)=早大=は、西武が交渉権を獲得した。広島は同じ早大から福井優也投手(22)を1位指名。野村監督は即戦力として大きな期待を寄せた。広島はドラフトで7人、育成枠で2人を指名した。

  ◇  ◇

 広島がS級ランクに位置づけていた“即戦力”を射止めることができた。大石の外れ1位とはなったが、最速152キロの直球とキレのあるスライダーが持ち味の福井の一本釣りに成功した。大石と同等クラスの逸材の交渉権を獲得し、野村監督はカープ編成陣とともに喜びを分かち合った。

 来季の鯉投を救える素材として期待がかかる。この日は東京・東伏見の早大グラウンドで調整した。広島から1位指名された瞬間、早大野球部の合宿所内では歓声が上がった。

 30日から始まる伝統の早慶戦に集中するため、記者会見は行わなかったが、早大広報室を通じ「1位指名という高い評価をいただき、関係者の皆様には深く感謝申し上げたいと思います。これからのことはリーグ戦が終わってから、監督、両親と相談しながら決めたいと思います」とコメント。喜びとともに入団へ前向きな姿勢を見せた。

 早大では斎藤との先発二枚看板で主戦投手として活躍。仲間思いでもある右腕はチームメートの斎藤、大石が1位指名されたことも喜んだ。「同じチームから3人の投手が1位指名されて非常にうれしい。これからもお互いに刺激し合いながらレベルアップしたい」と良きライバル同士として切磋琢磨(せっさたくま)していくつもりだ。

 大舞台での強さにも魅力がある。1年秋からエースとして活躍。2年のセンバツでチームを初出場初優勝に導いた。野村監督は「なかなか優勝はできるものではないし、技術、精神力と何かを持っている」と魅力を表現。勝負強さも高評価している。

 タフな精神力の持ち主は“いばらの道”を歩んできた。愛媛・済美高から05年度高校生ドラフトで巨人に指名を受けたが、入団を拒否。大学進学を希望し、1浪後に早大へ進学し、大学でさらにレベルアップしてきた。

 初めてくじ引き役を務めた野村監督。大石は6球団競合の末に抽選で外した。「渡辺監督のああいう姿を見てショックでしたけど、単独指名できてよかった。相当なレベルアップが必要な投手陣の中で、福井君が取れたのはチームにとってプラス」と低迷投手陣再建の立役者として大きな期待を寄せる。

広島2位・中村「目標は大野さん」

 「プロ野球ドラフト会議」(28日、グランドプリンスホテル新高輪)

 広島2位指名の左腕・中村恭平投手(21)(富士大)は、まだまだ“伸び盛り”だ。高1で158センチだった身長が今や186センチ。それとともに130キロ台だった直球が、最速153キロまで急上昇。「そろそろ止まるんじゃ…」とは言うものの、まだまだ身長は伸び続けている。それだけに潜在能力も底知れない。

 広島にも縁がある。島根の立正大淞南高校時代には旧広島市民球場に観戦に行き、佐々岡真司投手(現野球評論家)の投球を見た。「緩急とかすごかった」と、感動した思い出がある。大学のカラーも赤で「(投手コーチの)大野さんのような投手になりたい。いろんなことを学びたい」と、広島入りに気持ちを高ぶらせた。

 2位までに指名されなければ社会人に進む予定だった。「うれしい。信じられない。同級生には負けたくない」と、同じ北東北大学野球リーグでしのぎを削った八戸大・塩見(楽天1位)をライバル視した。

広島がドラフト2位の中村に指名あいさつ

 広島は29日、ドラフト2位で指名した富士大・中村恭平投手の指名あいさつのため、近藤、高山スカウトが岩手・花巻市内の同校を訪れた。

 両スカウトと握手を交わした中村は「すごい実感がわいてきました。ドラフトにかかったんだなという気持ちです」とはにかんだ。近藤スカウトは「先発完投型の投手として早く出てきてほしい」と即戦力として期待をしていた。

広島3位・岩見宣戦布告!ダルに負けん

 「プロ野球ドラフト会議」(28日、グランドプリンスホテル新高輪)

 広島から3位指名を受けた大阪ガスの147キロ左腕・岩見優輝投手(23)は、西宮市の同社グラウンド内会議室に設けられた会見場にすっきりした表情で現れた。「評価をいただいてうれしい。指名して良かったと言ってもらえる選手になりたい」と意気込みを語った。

 指名の瞬間は、寮でチームメートとドラフトのテレビ中継を見ながら待機していた。「結構時間がかかったので、名前を呼ばれた時はうれしかった」と話した。

 熊本工時代は3年春夏に甲子園出場。選抜では1回戦で東北のダルビッシュ(現日本ハム)と投げ合い0‐2、ノーヒットノーランで敗れた。プロでは同期との“再戦”もありうる。「彼は高校時代から別格。まだレベルは向こうが上だと思うけれど…頑張りたい。負けん気では誰にも負けない」と、再びライバルとして宣戦布告した。

 亜大でも好左腕として実績があったが、ドラフトイヤーの今季は1月中旬に左ヒザに続き右脇腹を痛めた。都市対抗は登板したが予選で敗れ、NTT西日本の補強選手として出場。しかし9月の日本選手権近畿地区最終予選では三菱重工神戸を2安打9奪三振完封で、プロのスカウトにアピールした。「チームを日本選手権に連れて行くという気持ちが結果につながったと思う」と話した。

 30日から社会人野球日本選手権が開幕する。「必ず初戦を勝ちたい」とさらなる快投を誓った。

広島5位・磯村、また堂林とタッグ

 「プロ野球ドラフト会議」(28日、グランドプリンスホテル新高輪)

 広島が5位指名したのは、中京大中京・磯村嘉孝捕手(17)だ。指名確定直後、すぐに携帯電話を手に取った。数回の呼び出し音を経て、聞き慣れた声が鼓膜をくすぐった。「よかったな。おめでとう」。昨年夏の甲子園でバッテリーを組み、全国制覇を果たした広島・堂林からの祝福だった。

 「堂林さんには前から『広島来いよ』って言われてたんですけど、なかなか名前が呼ばれないので、指名されないのかと不安でした。中学からずっと同じチームだったので、また一緒に野球ができると思うと、すごくうれしいです」。最高峰の舞台で、あこがれの先輩と同じユニホームを着られることを喜んだ。

 目標は中日・谷繁。「配球であったり、テレビを見てる中学生、高校生が勉強になるような選手になりたい」。故郷・名古屋に錦を飾る。ナゴヤドームでの晴れ姿を夢見て、猛練習に明け暮れる。

DaiLy


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-30 (土) 00:38:00 (3248d)