黒田ド軍残留も…広島は来年まで待つ

 ドジャースをFAとなり、日本球界復帰を視野に入れていた黒田博樹投手(35)が、チームに残留の方向で最終調整していることが13日までに明らかになった。早ければ週明けに合意する見通し。オファーを出していた広島球団には滞在先の米国からメジャー残留の意向を電話で伝えたことが判明した。今オフは獲得を断念することになったカープだが、来オフ以降もFAになった場合、獲得へ全力を尽くす意向。在籍時代につけていた背番号15を黒田が戻るまで空き番号とする方針だ。

  ◇  ◇

 メジャー残留か日本球界復帰かで悩んでいた黒田が、ドジャースに残留する意思を固めた。広島は黒田とド軍との独占交渉期間解禁後、即座に争奪戦への参戦を表明。13日にも交渉のため、鈴木球団本部長が緊急渡米する予定だったが、12日に電話で会談した黒田からメジャー残留の希望を伝えられたという。

 鈴木本部長は「どこの球団かは分からないが、『(来年は)ほぼメジャーです』と言っていた。本人が1年でも2年でもメジャーという気持ちがあるなら仕方がないこと。日本に帰るときはいつでも帰っておいで、とは言ってある」と残念そうに話した。

 黒田に対する米球界の評価は高く、ロッキーズ、ヤンキースも獲得に動いた。また国内ではソフトバンクなども興味を示していた。そんな中、広島への愛着もあり、古巣復帰へと傾いた時期もあったようだが、日米の球界関係者によるとドジャースに残留する方向で最終調整に入ったという。

 07年オフ、念願だったメジャー移籍を選んだ黒田は3年間で通算28勝30敗、防御率3・60と先発の一角として安定した成績を残した。今季は自己最多の11勝。メジャーで勝ち星を量産する自信が日増しに深まっている。

 ドジャースは黒田が希望する1年契約で総額10億円程度の好条件を提示したとみられ、広島が提示した単年3億円とは大きくかけ離れていた。それでも右腕は古巣に戻ることも選択肢に入れていたという。ただ、広島関係者にワールドシリーズでの登板を目標に掲げるなど、ここへきてメジャーで大成したいとの思いが強まり、来季はドジャースで世界一を目指すと決断したようだ。

 今オフは獲得を断念した広島だが、来オフ以降も黒田がFAになった場合、オファーを出し続ける方針は不変だ。黒田がカープ在籍時につけた背番号15は、古巣復帰が実現するまで空き番号としておく。

 これまでも黒田にはマツダスタジアムの練習場所としての使用を許可しているが、今オフも帰広した際は認める。黒田獲りは来年以降へ持ち越しとなったが、来るべき日に備え今後も良好な関係を保ち続けていく。

赤松&天谷『あの超美技』等身大で再現

 赤松真人外野手(28)が8月4日、天谷宗一郎外野手(27)が同月22日(いずれも横浜戦)で見せた、“スパイダーマンキャッチ”を再現した人形のマツダスタジアム内への設置を広島が、広島市に申請中であることが13日、明らかになった。許可されれば、来季の開幕戦からお披露目される。

 球史に残る超美技がよみがえる。赤松は高さ1・8メートルのソフトラバーフェンスをよじ登り、左足一本でバランスをとって村田の打球を捕球。天谷はハーパーの打球を同フェンスに登って待ち構え、最後はやや体をのけぞらせながらキャッチした。

 2体はそれぞれ、そのプレーを忠実に再現したものとなる。2人が実際に同じポーズをとり人形の型どりを実施。足の位置や腕の位置、体の角度といった細部にまでこだわり制作される。

 設置場所は今季、ラバーフェンスをよじ登るものと、フェンスに激突して捕球する2体の「激突!天谷くん」人形が飾られたバックスクリーン左翼側の外野ウッドデッキ前となる予定だ。

 球団幹部は「フェンスに登ってのキャッチがいかにすごいか、実際の高さも感じながら見てほしい。球場の新しい名所になれば」と声をはずませる。今季、「激突!天谷くん」人形の前で記念撮影を楽しむファンの姿が多く見られた。それだけに、新オブジェも注目の的となること間違いなしだ。

梅津誓った!来季はV方程式で投げる

 広島・梅津智弘投手(27)が13日、来季は勝利の方程式の一役を担うことを誓った。今季は46試合に登板するも防御率は5・80。右肩痛もあり、敗戦処理としての登板も多かった。それだけに「来年は勝ち試合で投げたい」と意気込んだ。

 テレビ観戦した日本シリーズが、その気持ちをさらに強くした。ロッテ・内や中日・浅尾ら中継ぎ陣が、勝利を左右する場面で好投。その一挙手一投足に球場が沸いた。「ああいう場面で投げるのは最高だと思った」。

 この日は山本、元広島の高橋と広島・府中町での『親子ふれあいキャッチボール』に参加。ボールの投げ方などを指導した。シーズン終了後からノースローで肩を休めていたが、14日からはキャッチボールを再開する。左打者対策にカットボールの習得をテーマに掲げるなど意欲は十分。「勝利のバトンをつなげるよう準備したい」と気合を入れた。

DaiLy


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-15 (月) 01:45:37 (3287d)