赤松“ザ・キャッチ”実物大オブジェ作製へ…広島

 広島が、8月4日の横浜戦(マツダ)で本塁打性の打球をフェンスによじ登ってつかんだ赤松真人外野手(28)の実物大オブジェ作製を検討していることが13日、分かった。今季初のゴールデングラブを受賞した“コイのスパイダーマン”の芸術的プレーを、完全再現する。

 広島は3月に、天谷の原寸大オブジェ「激突!天谷くん」を2体製作。マツダスタジアムのバックスクリーン裏に設置し、人気を集めた。そこで球団は国内外から絶賛された赤松のプレーに注目し、オブジェを製作する企画を進行。「実際に人形を見て、すごさを感じていただければ」と、球団関係者は期待した。

 また、8月22日の横浜戦(マツダ)で似たプレーを見せた天谷のオブジェも、新規に作製される。2人の「ザ・キャッチ」人形が、来季はマツダスタジアムの名所となる。

HouChi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-15 (月) 01:39:37 (3114d)