野村監督、内川に「3、8以外なら好きな背番号を」…広島

 広島は18日、横浜からFA宣言した内川聖一内野手(28)と横浜市内のホテルで初交渉を行い、野村謙二郎監督(44)が強烈アピールを展開した。球団史上初めてのFA交渉に気合満点の同監督は、永久欠番の3と8以外のすべての背番号の用意を明言。内川を感激させた。また、交渉解禁日となったこの日、阪神は藤井彰人捕手(34)と、ソフトバンクは細川亨捕手(30)と初交渉を行い好感触を得た。

 FA制度の導入から17年、ついに初交渉の席に着いた広島は、野村監督の独壇場だった。横浜市内のホテルで鈴木球団本部長、川端編成グループ長と「ハマの安打製造機」を出迎えると、同じ大分出身の指揮官は、約1時間、熱烈なラブコールを浴びせ続けた。

 いきなり「背番号は(永久欠番の)3、8でなければ、好きなのを持って行っていい」と大盤振る舞いした。「3」は鉄人・衣笠祥雄氏、「8」は山本浩二氏(ともに野球評論家)。現役時代に背負った「7」を提示すると思われたが、チームの顔、前田智の「1」でさえ、希望するなら与える覚悟さえ示した。

 殺し文句はそれだけではない。「秋のキャンプでは(内川が)来ることを想定してやっている」「もし広島に来てカープが優勝すれば、歴史的な選手になれる」と続けた。途中からは同郷ということもあり、大分弁も交えたほどだった。

 広島として、最高の条件も提示した。3年契約で年俸は総額6億円プラス出来高。もし合意すればいきなりチーム最高年俸に躍り出る金額となる。「よそよりは少ないかもしれないが、うちとしてできることをした」と鈴木球団本部長は説明した。

 「『内川君だから獲得に動く』と言われて重みを感じるし、うれしかった。迷いの部分は当然大きくなります」と内川は広島の誠意に感謝しきり。「いい話し合いができた。一段とほれ直した」と指揮官もチームの歴史的デビュー戦を満足げに振り返った。

 内川は今後、条件面で上回り有力とされるソフトバンクとも交渉を行う。広島との次回交渉は未定だが「必要とあらばどこでも行きます」と野村監督は再出馬にも意欲的。赤ヘルの歴史を変えてくれると信じ、“恋人”からの吉報を待つ。

福井が7奪三振で底力見せた!!広島1位

 ◆第41回明治神宮野球大会最終日 ▽大学の部・決勝 早大2―1東海大(18日・神宮)大一番でドラフト1位の底力を見せつけた。早大の先発マウンドを任されたのは福井優也(4年)。菅野に負けじと最速150キロの直球で押し、キレの鋭いスライダーで7奪三振。「今朝、先発と知ったときは緊張したけど、勝って終われて良かった。斎藤、大石と3人投げて勝ったのは初めて」。2回に失策絡みで1失点も、6回まで86球で5安打に抑え試合をつくった。

 愛媛・済美高時代のセンバツ制覇に続き、大学でも日本一を経験。広島はリーグVから19年、日本一からは26年といずれも12球団一遠ざかっているが、「日本一にしたいですね」と意気込んだ。斎藤、大石については「一生の宝になると思う」と感謝。「お互い良いときと悪いときがあると思う。悪いときには励みにしたい」とプロでも切磋琢磨(せっさたくま)していくことを誓った。

HouChi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-19 (金) 23:47:11 (3279d)