本格投球自重マエケン流調整

オフ明けの前田健は明るい表情で投内連係の練習に参加(撮影・酒井俊作)  広島前田健太投手(22)は16日、本格的な投球を自重する「マエケン流調整」でオフのトレーニングに臨む考えを示した。マツダスタジアムで秋季練習がスタート。「投げること以外をしっかりやりたい。キャッチボールさえしておけばいい」と話した。ブルペンでの投球を行わず、肉体強化に専念する方針。今春キャンプでも投げ込みを極力行わない独自の調整法を貫き、防御率、勝利数、奪三振数のセ・リーグ3冠につなげた。「こういう調整法も証明できた。来年も変えるつもりはありません」と言い切った。

広島石井40歳「優勝したら引退します!」

 広島石井琢朗内野手(40)が17日、広島・府中町内で行われた骨髄バンク集団ドナー登録会のトークショーに参加した。壇上にあがると「広島で優勝したい気持ちがすごく強い。マツダスタジアムの180度全部を真っ赤に染めたいという夢があります。僕も勝ちに飢えていますし、ファンの方々もそろそろ勝ってくれと思っておられると思うので、目の色を変えてやりたい」と不退転の決意を語った。来季は広島3年目のシーズンになる。ファンから「引退しないでください」と懇願されると「カープが優勝したら引退します!」と切り返すなど、話術で場内を盛り上げていた。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-18 (月) 11:40:32 (3136d)