広島大竹 復活へ気合

 広島の大竹寛投手(27)が復活への思いを口にした。今季は負傷に泣き3試合で1勝に終わった。この日はマツダで約30球投げ、内野守備にもついて野村監督の猛ノックを受けるなど精力的に汗を流した。練習後は右肩に湿布を張った姿で現れ「痛みも張りもあります。ただ、冗談抜きで明日にでも投げたいですよ」と語気を強めた。昨季10勝右腕は、悔しい思いを来季にぶつける。

恩返し虎倒 町田氏次期広島打撃コーチ

 トラ退治で恩返しだ! 19日、阪神は町田公二郎2軍打撃コーチ(40)の退団を発表した。同氏は古巣・広島1軍打撃コーチの就任が内定しており、30日からの秋季キャンプ(宮崎・日南)からのチーム合流も決まっている。代打本塁打のセ・リーグ記録を持つ同氏が、広島打線を徹底強化し阪神を打ち倒すことで恩返しする。

 町田氏はこの日午前、甲子園球場内のクラブハウスを訪れて退団のあいさつを行った。「お世話になりましたと言ってきました。選手、コーチとして阪神にはよくしていただきました。これを生かして次のステップにしていきたい」と話した。

 「次のステップ」とは、古巣広島のコーチ就任だ。広島の1軍打撃コーチ就任が内定している。「(阪神とは)ライバルになる? そういう形になればいいですね。それが自分の仕事なので」と、同氏はやる気をみなぎらせた。広島の打者を鍛え、阪神を打ち倒すことで恩返しするつもりだ。

 広島は現在、マツダスタジアムで秋季練習中だが、30日からは宮崎・日南で秋季キャンプに入る。そこに町田氏も合流し、新たなスタートを切る予定だ。

 優勝を掲げて出帆しながら、故障者が続出するなど5位に低迷した野村カープ。2年目は、練習の密度も内容もよりハードなものになる見込みだ。キャンプについて指揮官野村謙二郎監督(44)は「行ける選手は限られている」と話しており、少数精鋭主義で臨む予定だ。

 町田氏に求められるのは、今季14本塁打とブレークした2年目岩本貴裕外野手(24)をさらに成長させること。そして、3番定着を期待されながら不振に泣いた天谷宗一郎外野手(26)ら若手、中堅野手らをレベルアップさせることだ。現役時代、代打本塁打のセ・リーグ記録(20本)をつくった町田氏は、うってつけの人材といえる。

 野村監督とは現役時代にともにプレーしており、気心も知れている。町田氏が、トラで培ったノウハウを若ゴイに注入し、野村カープ2年目の巻き返しに貢献する。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-20 (水) 21:46:00 (3253d)