日本がニカラグアに快勝/インターコンチ

<インターコンチネンタルカップ:日本8-0ニカラグア>◇初日◇23日◇台湾

 プロ野球12球団の若手選手で編成した日本は台中市での1次リーグ初戦でニカラグアに快勝した。日本は先発の加賀(横浜)が7回無失点と好投。打線は4回に谷(中日)の2点二塁打などで3点を先行し、その後も岩本(広島)のソロ本塁打などで加点した。

広島新参謀に高コーチ 大野コーチ投専念

 広島が、来季からベンチ担当のコーチとして高信二内野守備・走塁コーチ(43)を配置することが23日までに決まった。今季は大野豊コーチがヘッド兼投手担当として野村監督を補佐したが、故障者が続出した投手陣の立て直しに全力を注ぐため、来季は投手担当に専念する見込み。球団幹部は「現場からもベンチで補佐する人がほしいという声があった」と説明した。同コーチは「(監督の)やり方は分かっているし(作戦面などの)進言もしていきたい」と話した。

【広島】市民球場惜別イベントに倉ら参加

 08年まで広島の本拠地で、年内にも解体予定の旧広島市民球場で24日、最後の惜別イベントが行われた。フィナーレを飾る終球式には広島永川勝浩投手(29)倉義和捕手(35)嶋重宣外野手(34)が参加。マウンドから投球を行った広島県出身の永川勝は「本当に最後ですからね。小さいころから見ていたし、寂しい気持ちもあります」と感慨深げだった。雨のなか、多くのファンが集まってクイズ大会などに興じていた。

【広島】野村監督がCSテレビ観戦で刺激

 広島野村謙二郎監督(44)がセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)に刺激を受けた。秋季練習を行った24日、前日まで行われたCSをテレビ観戦した指揮官は「あらためて投手がしっかりしていると強力な打線でも打てないと思った」と今季、自軍も苦しめられた中日の投手陣を称賛。また「ナゴヤドームでは負けない、と中日の選手が自信を持っていた」と話し、「来季はそれを切り崩す? もちろん」と巻き返しを誓っていた。

広島市長に観客がボールぶつけた!

 24日午後4時5分ごろ、旧広島市民球場(広島市中区)で開かれた「さよならイベント」に参加した秋葉忠利市長(67)に、観客の男が硬式の野球ボールを投げ付けた。球は市長の右太ももに当たり、約2週間の打撲。警備員が男を取り押さえ、広島中央署が傷害容疑で現行犯逮捕した。

 同署によると、男は広島市東区、無職岡本一彦容疑者(45)。「球場の解体に腹が立った」と供述している。

 市長はイベント終盤の「終球式」に登場し、広島カープの永川勝浩投手らに続いて投球。直後に数メートル離れた地点にいた岡本容疑者が持っていたボールを投げ付けた。多くの観客が見ており、会場は一時騒然とした。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-25 (月) 07:38:17 (3132d)