広島マエケン同学年入ってこい

 広島の前田健太投手(22)が、ドラフト会議でチームに新加入する可能性のある「同学年X」との“共闘”を誓った。27日はマツダスタジアムで行われた秋季練習に参加。ドラフトの行方に興味津々で「楽しみです。今年のドラフトは今までで一番面白い。うちのチームに同学年で誰が入ってくるか。対戦相手というより、同じチームでね。同学年も少ないので」と話した。1位指名候補の早大・大石や中大・沢村ら即戦力がそろう大学4年生投手は前田健と同い年。今季は最多勝などリーグの投手3冠に輝いたが、同い年投手の入団が来季以降、新たな発奮材料になりそうだ。

広島2位候補は即戦力右腕の七条

 広島は27日ドラフト会場となる都内のホテルでスカウト会議を行い、28日のドラフト会議では伯和ビクトリーズの七条祐樹投手(26=日産自動車九州)を2位指名候補にリストアップしていることが分かった。8月の都市対抗で完封勝利を挙げるなど、変化球をフルに駆使する本格派だ。球団関係者は「2位じゃないととれない選手。うちは以前から評価している」と説明。別の関係者も「すごくいい投手。スリークオーター気味で、147キロくらい出る。そういう球をずっと投げられる」と話した。即戦力右腕として上位での獲得を狙っている。

 広島にとって、投手陣の立て直しが今オフの最重要課題。高校生でも向上(神奈川)の中野ジャスティン投手(3年)や糸満・宮国椋丞(りょうすけ)投手(3年)をリストアップ。有望な投手を集中的に指名し、弱点克服を目指す。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-28 (木) 14:10:38 (3275d)