マエケン沢村賞「ビックリとうれしさと」

 「沢村賞」の選考委員会(土橋正幸委員長)が1日、都内で開かれ、セの最多勝、最優秀防御率、最多奪三振に輝いた広島前田健太投手(22)が初受賞した。セ投手の受賞は04年川上(当時中日)以来、6年ぶり。広島では91年佐々岡以来、6人目7度目で、球団史上最年少での受賞となった。秋季キャンプを行う宮崎・日南市内の天福球場で会見に臨んだ前田健は「光栄に思います。沢村賞に名前が毎年挙げられる投手になりたい」と話した。 栄えある沢村賞の受賞は新たな夢の始まりだ。練習の合間に、野村監督から「おめでとう!」と朗報を伝えられた瞬間、前田健は表情をほころばせた。「とれると思ってなかったので、ビックリしている気持ちとうれしい気持ちがあります。今年始まる前に考えてもいなかった」。

 文句なしの好成績だった。最多勝(15勝)最優秀防御率(2・21)最多奪三振(174個)のリーグ3冠に輝いたほか、両リーグトップの215回2/3を投げるなど、大車輪の働きぶりだった。選考基準7項目で、クリアしていなかったのは完投10試合だけ(前田健は6完投)。大野投手チーフコーチも「防御率やイニングなどでみた内容ということかな。投球は素晴らしかった」とたたえた。

 オフも石原との最優秀バッテリー賞、地元の大阪・忠岡町での特別表彰の検討など「5冠」を手中へ。受賞ラッシュは止まらず、これで「6冠目」だ。同い年の楽天田中、来年プロに入ってくる早大・斎藤にも先んじた。それでも気を緩めない。

 「まだまだ歴代の方、現役でやっている沢村賞をとった方に実力的に及ばないと思う。タイトル争いであったり、沢村賞に名前が毎年(候補で)挙げられる投手になりたい。またいつか、受賞できればいい」。95、96年の巨人斎藤以来の2年連続受賞など、野望は限りなく大きい。若きエースが大投手への第1歩を刻んだ。【酒井俊作】

広島斉藤新球だフォーク型チェンジアップ

 日南秋季キャンプに参加中で今季4勝に終わった広島の斉藤悠葵?投手(23)は「フォーク型チェンジアップ」で巻き返しを図る。この日は日南キャンプが始まってから初めてブルペンで約60球の投球練習を行った。フォークの浅い握りでチェンジアップの軌道を描けるよう、投げ込んだ。「どうしてもチェンジアップが良くない。この握りの方がいい。直球だけでなく、変化球も大事になってきます」と話した。

広島赤松フォーム改造 バット立たせる

 日南秋季キャンプに参加中の広島赤松真人外野手(28)が打撃フォームの改造に着手した。日南キャンプではバットを後方にやや寝かせて構える今季の姿勢から、バットを立たせるスタイルへと変える。「バットを寝かせると(スイングの軌道が)遠回りする。最短でね。それが一番振りやすいですから」。今季は打率2割8分5厘だったが好不調の波が激しく、改良の必要性を痛感したという。この日は通常メニュー終了後に特打を行った。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-02 (火) 22:35:54 (3299d)