Gグラブ賞セ史上初の一塁手該当なし

 「三井ゴールデングラブ賞」の受賞者が11日、発表された。セ・リーグの一塁手は該当者なしで、両リーグの全ポジションを通じて史上初の事態となった。セ優勝の中日からは1人も選ばれず、優勝チームから選ばれなかったのは10年ぶり2度目。一方、広島からは前田健太投手(22)ら球団タイとなる4人が受賞し、楽天からは嶋基宏捕手(25)が球団創設6年目で初受賞した。

 阪神城島健司捕手(34)は捕手としては史上初の両リーグでの受賞。ヤクルト宮本慎也三塁手(39)は40歳シーズンでの受賞で、80年王(巨人)に並ぶ最年長受賞となった。ソフトバンク小久保裕紀一塁手は39歳シーズンでのパ最年長受賞と同時に、95年に二塁手で受賞して以来、両リーグ通じて最長ブランクとなる15年ぶり受賞。満票での受賞者は今年もいなかった。

 選考は、全国の新聞、通信、放送各社のプロ野球担当者の投票で行われ、該当者なしは投票総数の過半数以上が必要で、セの一塁手の該当者なしは140票(投票総数260)だった。

マエケンGグラブ初受賞で6冠目

 マエケンは6冠目、カープから24年ぶり最多タイ4人! 11日に発表された「三井ゴールデングラブ賞」で広島から前田健太投手(22)、梵英心遊撃手(30)、広瀬純外野手(31)、赤松真人外野手(28)が、いずれも初選出。今季、最優秀防御率などリーグ3冠に輝き、沢村賞など受賞ラッシュの前田健は「毎年とれればいい」と野望たっぷりに喜んだ。

 若きエースの総合力を証明する戴冠だった。今季、あらゆるタイトルを独占する前田健が、今度はゴールデングラブ賞に輝いた。この日から大分・由布院温泉でリハビリキャンプを開始。湯上がりで上気した表情が、いっそうほころんだ。

 「去年は惜しかった。もう少しでとれなかった。元々、守備には自信があります。僕の長所でもあるし、そこを評価してもらえて、うれしいですね」

 文句なしのトップ選出だった。全260票のうち、164票を集め、2位の中日浅尾(33票)に大差をつけた。華麗で正確なフィールディング能力の高さは群を抜いていた。昨季は1位の巨人ゴンザレスに5票足りない3位に終わったが、今年は最優秀防御率(2・21)や最多勝(15勝)などのタイトル独占もプラスの判断材料になり、新たな勲章を勝ち取った。

 名手をうならせるディフェンス能力だ。大活躍していた6月下旬。PL学園の先輩にあたるヤクルト宮本も「フィールディング、けん制がしっかりできるから投げることにも集中できると思う」と投球との相乗効果を口にして、守備力に太鼓判を押していた。前田健も小学3年で野球を本格的に始めた当初は遊撃も守っていた。「投手だけやっていたわけじゃない。内野を守ってもともと得意だった」と振り返る。

 堅守をテーマの1つに掲げた野村カープにとって大収穫の秋になった。カープで4選手が選ばれるのは86年(北別府、達川、衣笠、長嶋)以来、24年ぶりだった。5位のチームからの4人選出はリーグ史上初。前田健は「投げていて心強い。たくさん助けてもらったおかげで、勝ち星や防御率の成績を残せた。本当に感謝です」と頭を下げた。

 投手3冠のほか、オフは最優秀バッテリー賞、沢村賞に続く6冠目。それでも前を向く。「一番とれる確率の高い賞。毎年、名前が挙がるというか、とれるくらいの成績を残したい」。ゴールデングラブ賞受賞の日本最長記録は福本豊外野手の12年連続(72~83年)だ。来年以降も貪欲(どんよく)に狙う。投球だけでなく、華麗な守備でファンをとりこにする。【酒井俊作】

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-12 (金) 23:48:57 (3171d)