広島嶋定位置奪回へ早めに始動

 広島嶋重宣外野手(34)がレギュラー奪回を誓った。由布院リハビリキャンプに参加し、温泉などでリラックス。それでも「(来年は)当然、レギュラーを目指してやる。僕は秋のキャンプに行っていないし、スタートを人よりも早くしないと」と危機感を募らせた。今季は3年ぶりに本塁打数を2ケタに乗せる14発を放ったが、シーズン序盤は代打での起用が多かった。FA権を行使せず残留を決意。来年1月は沖縄・石垣島で自主トレを検討し、早めに始動する。

広島栗原来季は全試合出て打点王

 打点王でAクラス! 広島栗原健太内野手(28)が来季の目標として「全試合出場&打点王」を挙げた。12日は大分・由布市内でリハビリキャンプに参加。今年は右手首骨折で105試合の出場にとどまり、来季にかける思いを口にした。

 「ケガをして、なかなか思う成績を残せていない。来年は1年間戦えるように。達成したとき、充実感があるし、そこを乗り越えたい」。もっとも重視するノルマは全試合出場。07、08年に達成した実績があり、ともに打率3割を超えた。

 今月上旬まで参加した日南キャンプでは内角高めの球をさばくための右腕の使い方などを再確認しレベルアップに努めた。エース前田健がタイトルを独占し主砲も初戴冠を狙いにいく。「打点が僕のなかで一番頭にある。4番としてチャンスで打つのが仕事」。広島の打点王は97年ロペス以降、出ていない。過去7度のタイトル奪取時はすべてAクラス。主軸がフル稼働すれば、上位浮上も見えてくる。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-13 (土) 23:46:38 (3200d)