広島メジャー5勝右腕&79発野手獲得へ

 広島が来季の新外国人として、米大オリオールズ3Aノーフォークのデニス・サーフェート投手(29)の獲得を目指していることが17日、分かった。195センチの長身から投げ下ろす速球などが武器のメジャー5勝右腕で、交渉を重ねている。

 野村カープ2年目の巻き返しに向けて、積極的に補強を行う。今季、何度も痛打を浴びるなど弱点だった救援陣にサーフェートが新加入の予定。球団首脳は「後ろを投げる投手。セットアッパーとして考えている」と説明した。来季も契約を結ぶシュルツはシーズン中に腰部の手術を行い、万全な状態とは言い切れない。サーフェートは08年にオリオールズで57試合に登板。中継ぎ右腕が加われば、永川勝らと「勝利の方程式」を組むことになりそうだ。

 また打撃力アップへ野手ではマーリンズFAのチャド・トレーシー内野手(30)の獲得を目指していることも判明した。05年にダイヤモンドバックスで27本塁打を放つなど、メジャー通算79本塁打。球団首脳も「うまいタイプの打者だが、長打力もあるという印象だ」と話す。三塁の守備をこなせる点もセールスポイントだ。なお、今季6勝したスタルツと契約更新をしない方針が固まった。

マエケン先生野球教室 給食も食べた

 広島前田健太投手(22)が17日、育成選手の中村亘とともに広島市中区の本川小で野球教室を行った。同小の6年生64人にキャッチボールを指導したり、打撃投手を務めるなど子どもたちとふれ合った。バッティングの手本を見せたときは、声援を受けて学校に隣接する公園まで本塁打をかっ飛ばして歓声を浴び体育館で一緒に給食も食べた。前田健は「(本塁打は)乗せられて打っちゃいました。給食も久々でおいしかった。こういう機会はこの時期しかないので、これからも大事にしたい」と笑顔だった。

横浜FA内川は野村監督出馬に「感謝」

 横浜からFA宣言した内川聖一内野手(28)が交渉解禁日の18日、横浜市内のホテルで広島との交渉を行った。同郷の先輩でもある野村謙二郎監督(44)の直々の出馬に「チームの雰囲気をガラリと変えてくれと言われた。日南で秋季キャンプをやっている中、横浜まで足を運んでいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。野村監督も「いい話し合いができたと思う」と好感触を口にした。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-19 (金) 23:52:05 (3285d)