豊田が広島変える!Aクラスの極意注入だ

 Aクラスの極意、注入だ! 広島入団が決まっていた前巨人の豊田清投手(39)が22日、広島市内のマツダスタジアムで会見した。プロ18年間で、チームが4位以下に終わったのはわずか1度。年俸は昨年の1億7500万円から2000万円プラス出来高に大幅ダウンとなったが、勝ち方を知る右腕がカープを変える。

 西武の黄金期を築いた名ストッパーが、来季からカープに「常勝の鉄則」を伝える。巨人を自由契約になり、広島入りした豊田にとって使命の1つになりそうだ。チームは13年連続Bクラス。クライマックスシリーズにも縁がない。それだけに、豊田は前を向く。

 「僕は入団してから、ずっと優勝争いをしているチームです。Bクラスは1度だけ。巨人に入って1年目(4位)です。やるからには上を目指さないといけない。やってできないことはない。優勝したいですね」

 優勝するためにも貴重な経験則だ。戦力、戦術、チームのムード…。苦境で耐え抜く強い精神力も欠かせない。いわば優勝を宿命づけられた集団で投げ続けた経験は何物にも替えがたい。自身は「いまは自分のことで精いっぱいです」と話すが、周囲は放っておかない。率先して獲得を指示した松田オーナーは言う。

 「修羅場をくぐっているから。『若いやつを教えてやってくれ』と言ったよ。若い選手は彼のすることから学ばないといけない。いること自体が勉強になる」

 おとなしいタイプの投手が多いと指摘される広島投手陣にとっても、新たな刺激になる。来季はセットアッパーなどで起用される方針。同オーナーは「感情をあらわにした投球をしてほしい。西武のときの強い印象がある。巨人に行って、感情を抑える投球になった。ほえて、抑えて、喜んでくれたらいい」と続けた。

 重量感のある速球と落差の激しいフォークを軸にして、制球力で戦ってきた。険しい形相で重ねたセーブ数は157個。この日、本拠地の客席でカメラマンから笑顔を求められても「僕は笑いません」と真顔で言った。その表情こそが、豊田の原点だ。「まだ現役で投げると思って練習していました。年齢は気にしていない。まだまだ投げられる、腕を振れるうちは現役一本でやりたいですから」。鬼が来た。来季は40歳。心の底から笑うのは、フル回転して、再び栄光をつかんだ瞬間でいい。【酒井俊作】

マエケン初CM「これに出たかった」

 広島前田健太投手(22)が、広島・竹原市に本社を置く住宅メーカー「創建ホーム」のCMに出演することが22日、発表された。CMに抜てきされるのは初めて。栗原健太内野手(28)、梵英心内野手(30)とともに広島市内ホテルで行われた制作発表会に出席。「広島に来て4年ですが、このCMに出たかったので光栄です」と話した。同社が広島の選手を起用するのは17年目。12月上旬から複数バージョンを撮影し、来年1月1日から広島地区で放映予定だ。

 同社の山本社長は「正月三が日は多く(CMを)流す予定です」と話した。前田健は、自らが印刷されている同社のポスターを手に「格好良いですね。来年も今年以上の成績を残してCMに出られるように」と、さらなる飛躍を誓った。【佐藤貴洋】

【広島】丸「顔が大きいので」MVP

 広島の丸佳浩(21)がファン感謝デーのMVPに輝いた。広島市に拠点を置く女子ホッケーチーム「コカ・コーラウエストレッドスパークス」の選手を交え、バット代わりにスティックを使用したホッケー野球で魅せた。2安打1打点に激走の大活躍。マイクパフォーマンスでも「顔が大きいので」を連呼してスタンドを沸かせ、チーム石井の3-2サヨナラ勝ちに貢献。今季プロ初打点をマークした成長株は、来季に向けて「1軍で頑張りたい」と話した。

【広島】来季スローガンは「逆襲」

 広島は23日、マツダスタジアムでファン感謝デーを行い、来季のキャッチフレーズ「STRIKIN’ BACK(ストライキン バック)!! 逆襲」を発表した。今季は球団史上ワースト2位タイの84敗を喫し、13年連続Bクラスの5位に沈んだ。チーム立て直しを目指す今オフは、初めてFA選手の獲得に動くなど積極的な補強を進めている。野村謙二郎監督(44)は「補強も含めていまのチームにぴったり。目標として意識し、あっと驚かせるような戦いをしたい」と目をぎらつかせた。

NiKkan


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-24 (水) 09:14:00 (3196d)