球宴の試合増を検討、選手年金の財源確保で

 プロ野球12球団の代表者が21日、東京都内で会合を持ち、選手年金制度の財源確保策としてオールスターゲーム(球宴)の試合増を検討した。

 現在は球宴の収益を年金資金に充てているが、税制優遇のある現行制度が終わる2012年3月の後からは多額の法人税が発生する。日本プロ野球選手会は、現在検討中の新制度を維持するため、年間2試合の球宴を3試合に増やすことも辞さない考えを示しているという。

 今後も年金問題だけでなく、新規事業やコスト削減で日本野球機構(NPB)の財務を強化する方策を練る。取りまとめ役の広島・鈴木球団本部長は「NPBの財源がテーマ。選手会も協力すると言っている」と語った。

SanSpo


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-21 (木) 20:11:13 (3255d)