広島1位・福井、気持ちははや来春

 エースの斎藤佑樹投手(22)をはじめ、10月28日のドラフトでプロから1位指名を受けた早大の3投手が4日、都内で記者会見を開いた。3人がドラフトに関して肉声を発するのは初めて。

 広島から1位指名された福井優は“赤ヘル”の代名詞でもある猛練習に戦々恐々だった。

 2人より本来は1学年上だけあって、終始落ち着いた雰囲気で会見に臨んでいたが、広島・野村監督について聞かれると表情が一変。「すごい厳しそうな印象があります」と、早くも来年2月のキャンプに思いをめぐらせた。

 済美高時代の2005年、高校生ドラフトで巨人からの4位指名を受けたが入団拒否し、1浪の末に入学。「遠回りではなかった」と振り返り、「仲間も大事ですけど、自分をしっかり持ちたい」とプロでは敵となる斎藤、大石にライバル心を燃やした。

広島、ドラフト7位の弦本と仮契約

 広島は5日、ドラフト7位で指名した四国・九州アイランドリーグ、徳島の弦本悠希投手(21)=176センチ、76キロ、右投げ右打ち=と契約金1500万円、年俸450万円で仮契約した。(金額は推定)

SanSpo


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-06 (土) 00:00:38 (3300d)