石原はFA行使せず残留 広島と3年契約

 今季、国内のフリーエージェント(FA)権を取得した広島の石原慶幸捕手(31)が15日、マツダスタジアムで球団と交渉し、FA権を行使せずに3年契約を結んで残留することを決めた。出来高払いを含む3年総額3億円で、来季年俸は2500万円増の8千万円プラス出来高払い。

 14日に決断したという選手会長の石原は「カープのユニホームを着て勝ちたい気持ちが強かった。必要と言ってもらえたことが自分の中で一番うれしかった」とチームへの愛着を理由に挙げた。

 鈴木球団本部長は交渉を重ねる中で石原の迷いを感じ取ったようで「FA(権を行使)する雰囲気があった時があった」と話した。(金額は推定)

広島・菊地原が抱負「優勝しかない」

 オリックスからトレードで古巣の広島に移籍した菊地原が15日、マツダスタジアムで入団会見し「広島全体で喜べるように、優勝しかないと思う」と抱負を語った。背番号は36。

 7年ぶりの広島復帰となり、左の中継ぎとして期待される。35歳の菊地原はマツダスタジアムでの登板を心待ちにしているようで「交流戦で来たときに心臓がきゅんとなるような、初恋のような気持ちがあったので、非常にうれしい」と話した。

広島が豊田を獲得 巨人戦力外の右腕

 広島が15日、巨人から戦力外通告を受けた豊田清投手(39)の入団で合意したことが分かった。球団はブルペン陣が手薄なこともあって豊田の経験を評価し、投手陣の再建を担う一角として期待している。

 豊田は2002年から2年連続最多セーブに輝くなど、通算成績は64勝49敗157セーブ。今季は登板機会が減り、16試合で1勝1敗、防御率4・40で自由契約を通告されていたが、豊田は現役続行を希望していた。

SanSpo


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-15 (月) 23:23:05 (3164d)