町田コーチの就任を発表!きょう26日に記者会見

 球団が前阪神2軍打撃コーチの町田公二郎氏のコーチ就任を発表し、きょう26日に記者会見が行われることになった。

 1軍打撃コーチを任されることが決定的で、阪神で培ってきた手腕を古巣で振るうことになる。球団幹部は「現役の頃から人一倍動く人間だった。若手の選手たちにもポイントを突く指導をしてもらいたい」と期待を寄せていた。

上野“出身地・奄美大島”救う!義援金などを検討

 奄美大島出身の上野?が大雨被害を受けた故郷に援助を検討することを明かした。

 実家に大きな被害はなかったが、住民の避難勧告などが出ている災害報道には胸を痛めている。今季1軍で27試合に登板した右腕は「義援金などを考えています。亡くなっている方もいるので…」と神妙な表情で話していた。

広島、早大・福井を“一本釣り”ある!ドラフト会議

 最終局面まで一本釣りの可能性を探る。広島が今月28日に行われるドラフト会議で早大・福井優也投手(22)を単独指名する可能性が出てきた。即戦力投手の獲得を目指し、早大・大石、中大・沢村らを1位候補としてきたが、両者とも競合は必至。直前まで他球団の動向を調査した上で、人気が集中するようなら、遜色ない実力を持つ右腕の単独指名も考慮する。真っ向勝負か、戦略的方向転換か、結論は会議当日までに決定する。

 ▼広島・苑田スカウト部長(福井について)間違いなく1位指名の12人に入ってくる選手。

広島 競合回避?152キロ右腕“一本釣り”も

 広島がドラフトで早大・福井優也投手(22)を単独1位指名する可能性が出てきた。

 球団では即戦力投手の獲得は今ドラフトの絶対条件だが、1位候補の早大・大石、中大・沢村らは競合必至。さらに福井も各球団の外れ1位の最有力候補だ。そこで、くじを外した場合のリスクを考慮して、最初から最速152キロ右腕を一本釣りする案が浮上した。「誰を指名するかの結論は、当日の昼まで出ない可能性が高い」と球団幹部。何としても即戦力が欲しい。それだけに最後まで悩みそうだ。

日本15―0圧勝!広島・岩本が2戦連発

 第17回インターコンチネンタルカップは25日、台湾の斗六市などで1次リーグを行い、プロ12球団の若手選手で編成した日本はタイに15―0の5回コールドで圧勝した。通算成績は2勝。

 日本は広島・岩本貴裕外野手(24)が4回に2試合連続となる本塁打を放つなど15安打で15点を奪った。投げては巨人・笠原将生投手(19)が2四球を与えたが、5回を無安打無失点だった。

梅津、来季巻き返しへ新球カットボール習得

 広島・梅津?が来季に向けて新球のカットボールを習得する考えを明かした。

 左打者との対戦に有効な武器とするのが目的。右打者へのワンポイントには定評があるが、左右に関係なく勝負の幅を広げる狙いがある。今季は右肩痛の影響を最小限に食い止めて46試合に登板する一方で防御率5.80と不本意なシーズンに終わった。来季の巻き返しに向け「監督に1イニングを任せてもらうためにも左バッターにも投げられるようにしないと」と意欲をにじませていた。

賞金200万円 小久保と天谷にサヨナラ賞

 セ、パ両リーグは26日、シーズンを通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った打者に贈る「ドラマティック・サヨナラ賞」にソフトバンクの小久保と広島の天谷を選んだと発表した。賞金は200万円。

 小久保は9月18日、首位西武との直接対決で延長11回にサヨナラ本塁打を放ち、逆転優勝へチームに弾みをつけた。天谷は8月27日の巨人戦の延長11回に逆転サヨナラ3ランを放った。

広島来季1軍スタッフ発表 打撃コーチに町田氏

 広島は26日、来季の1軍スタッフを発表した。大野豊投手コーチが兼任していたヘッドコーチを外れて投手チーフコーチ専任となり、打撃コーチとして新たにOBの町田公二郎氏を迎えた。スタッフは次の通り。

 【1軍】監督 野村謙二郎(44)=駒大 背番号77▽投手チーフ 大野豊(55)=出雲商高 74▽投手 山内泰幸(37)=日体大 80▽打撃 浅井樹(38)=富山商高 82▽同 町田公二郎(40)=専大 75▽守備・走塁 高信二(43)=東筑高 71▽同 緒方孝市(41)=鳥栖高 79▽同 永田利則(49)=広島商高 85▽バッテリー 植田幸弘(46)=南部高 84

広島の中谷に戦力外通告…育成選手へ

 広島は26日、中谷翼内野手(26)に戦力外通告した。育成選手として再契約する。

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-26 (火) 21:54:09 (3246d)